サイクリング計画

今後のサイクリング計画です。
あなたも一緒に走りませんか?
詳細はこちらからどうぞ。

2011年8月10日水曜日

女子のロードバイク選びあれこれ

私の身長は160cm超。女性の身長としては一般的だろう。
そんな私がロードバイクを買おうと自転車店のご主人に相談した時、勧められたのはフレームサイズ420〜450だった。
ロードバイクを所有する友達もおらず全く無知だったので、持ち帰ったカタログやネットで色んなロードバイクを物色していたけれど、これいい!と思っても適合サイズがなくて結局限られたモデルの中から選ぶしかなかった、というのが当時の状況。

結果的に、アンカーは420というサイズに決めた。
これはサドルをできるだけ上げたほうが見栄えがするから、という理由から450より420をチョイス。
そして現行チネリは、XSサイズ。
アンカーと比べてあまり違和感がないので、420とだいたい同じだと思われる。

女性は...というか身長が小さい場合、全てのモデルから選べるわけではない。
かといって、デザイン重視でサイズを無視してそれを手に入れても、けして快適にロードバイクに乗る事はできないだろう。
サイズが合っていないとどうゆう事になるか?
慣れない頃は特に、肩や背中やお尻が痛くなってロードバイクに乗る事が苦痛になる。
慣れていても長距離を走ったりすれば自宅に帰り着く頃にはどこかしらが痛くなったりするのだから、ロードバイクに乗るという事はそれだけ体への負担も大きい。
だからこそ、フレームやその他のパーツを自分の身長や手足の長さに合わせて、できるだけ体に負担がかからないようにしなければならない。
だから、サイズを全く無視してデザイン重視で決めてしまうのはおススメしない。

そうゆうわけで女子の場合、どのロードバイクに決めるか?という時に、まず小さいサイズがあるのはどのモデルなのか?から始めなければならないのだ。
これってけっこう面倒で、見ているうちにいったいどれが良いのか悪いのかわからん!ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!となってしまったのは昔の私。
そんなあなたにおススメなのが、女性仕様のいわゆるレディースモデル。
サイズも小さいものからラインナップされているし、色もピンクやらメタリック調やらお洒落でエレガント!と、女性が好みそうなデザインになっている。
だから迷ったら、レディースモデルをまず見てみるというのも手だろう。

ロードバイクと一言に言っても、クロモリ、アルミ、カーボンと材質も様々。
コンポーネントもホイールもピンからキリまで。
それらの組み合わせによって、ロードバイク一台の値段は大きく差が出てくる。
完成車でも価格帯が同じものは、よく内容を比べてみると、だいたい同じような素材やパーツが組み合わさっている。
そこでその中から選ぶヒントにになってくるのが、ロードバイクに乗る目的。
私は当初、ロードバイクに乗る目的として、ちょっと近辺をサイクリングできればいいか、ぐらいに思っていた。
なのでアルミフレームで十分だったし、そんなにお金をかけてスペシャルなものが欲しいとも思っていなかった。
なので、そこそこの価格帯で、自分の適合サイズがあって、なおかつデザインも自分が納得できるものから選んだ結果、アンカーになったというわけ。

もしこれが、山とか海とかばりばり遠くまでサイクリングに行きたいです!という人なら、最初からカーボンフレームをおススメする。
実際アルミとカーボンを乗り比べてみて、体への負担や速さ、軽さ等々を考えたら、カーボンに勝るものはないなと思った。
だからより自転車で色んな事を追求したいならば、カーボンでコンポも上級で、ホイールも軽いものがベストですよーとなるわけだ。
ただ、女性の視点としてロードバイクをけしてアスリートっぽく捉えるのではなく、カスタムして自分らしさを出すのもよし、ロードバイクに乗っておいしいランチやスイーツを食べに行くのもよし。
そうゆう目的からであれば、高級なものをあえて買う必要もないだろうし、まずロードバイクで楽しい事をたくさん見つける事から始めればいいんじゃないか。
というわけで、女性がロードバイク時はこれを押さえておこう。

1、自分の適合サイズ(自転車店で見てもらいましょう)
2、欲しいサイズがあるのはどのモデルか?(自転車屋さんに尋ねるのが早いかも)
3、レディースモデルをチェックする
4、どんなデザインや色が好きか?
5、自転車に乗る目的は何か?

この5つを押さえておけば、きっといくつかのモデルがピックアップされるはず。

サイズがないとか、色々と大変だけど、でも女性にしかできない楽しみ方もロードバイクにはたくさんある。
その魅力を、もっと多くの女性に知ってくれたら嬉しいな。

0 件のコメント:

コメントを投稿