サイクリング計画

今後のサイクリング計画です。
あなたも一緒に走りませんか?
詳細はこちらからどうぞ。

2011年11月17日木曜日

共有して共感すること



ここから出る事がほとんどない私にとって、IPで人と交流できる事はとても大きい。
もしIP環境がなかったら私はロードバイクに乗る事もなかっただろうし、今でも一人でMTBに乗っていただろう。
そうやってIPを通して知り合った自転車乗りの人達と、これまで幾度となく旅に出かけ楽しい時間を共有したり、居場所が変わっても交流を続けたり...
時間が経っても、どこかのイベントで偶然出会ったり、人を介して近況を知ったり...
これまでに交流してきた人の中にはもちろん顔も知らない人もたくさんいるけれど、その人達と共有、共感してきた時間は、今や私の大きな力と財産になっている。

そしてふとした事がきっかけでIPで友達になった彼が、東京からやってくる事が決まったのは今年の9月。
それまでもIP上で交流をしていたけれど、確かラピュタの写真をtwitterでUPした時に、レスをくれた彼にさんざん阿蘇はいいところですよ!とアピールして、結果彼がこちらにやってくる運びになった...という流れだったと思う。
その彼たなk氏が私と同じCINELLI乗りである事、英語が堪能である事、そしてとてもアクディブである事。彼に関する情報はおおよそそれぐらいだったけれど、でもねえ、本当に来てくれるなんて夢にも思いませんでしたよ。饅頭はwww
でも本当に本当に嬉しかったのだ。

でも残念な事に彼がやってくる日はどれも抜けられない予定が入ってしまい、一緒に走る事ができなくなってしまった。
嬉しい事にその日は久しぶりの自転車日和で、恨めしいと思いつつもたなk氏がどうか素晴らしい景色をたくさん見れますように...と遠くから願いつつ夜になるのを待った。

歓迎会が開かれた鮮魚店の扉を開けると、もうすっかりたなk氏と打ち解けた様子のhiroex氏とお久しぶりのとkさんが話に花を咲かせていて、なんだか初めてとは思えない不思議な感覚に陥り...結局遅い時間まで楽しい時間を過ごす事ができた。
初めて会った人とそうやってすぐに打ち解けられたのは、IP上で触れ合い少なからず時間を共有してきたからに他ならない。
でも写真と若干違ったように思えたのは気のせいか?www

一日目阿蘇三昧していた彼は、翌日いよいよラピュタに向けて出発してゆき、私は私の済ませなければならない用事をこなした。
昼過ぎ、彼らと合流すべくゴール地点のはな阿蘇美に向けて急いでクルマを走らせ、若干遅れはしたもののなんとか到着。
そこにはラピュタでグローブを失くしてしまったhoriくん、たなk氏、hiroex氏がすでに談笑中で、その日のライドが楽しかった事が伝わってきた。
食事をしながら3人から聞いたたくさんの話は、本当にどれも面白くて楽しくて...うん、また私の財産になったんだよね。


はな阿蘇美からもう少し走るというhoriくんを見送り、温泉に入るというたなk氏とhiroex氏を見送り、私も帰路についた。

今回たなk氏がこちらに来る事になり、彼との交流を通して見えてきたもの...
一番大きいのは、もっともっと多くの自転車乗りに熊本...阿蘇の魅力を知って走って欲しいということ。
そしてもっとたくさんの人とその良さ、楽しさを共有して共感したい。
そのために私には何ができるだろうか?
それに気づかせてくれたたなk氏に感謝してもしきれない、そんな素晴らしい出会いになった。

4 件のコメント:

  1. 世界に誇れる阿蘇の魅力!熊本県の自転車乗りがもっともっと情報発信していかなくてはいけませんね。自転車乗りは車と違って生身を外にさらしている分、肌で感じることが多いように思います。そういった普通の人が気づかないこと、車に乗ってたら通り過ぎてしまうような風景やおいしいお店などを見つけて実際に体験したことを発信していくことがとても大切なことではないかと思います(^^

    返信削除
  2. ↑ hori△
    (意味:hori三角形→horiさんかっけー→horiさんかっこいい)わかるかな?
    いいこと言ってますね!hori君。
    そうなんですよ。言いたい事は私も同じです。
    自転車に乗らなければ知り合うことが無かったであろう人との出会いも増えたし、いい事ずくめです。
    熊本を乗り倒しましょう!そして魅力を広めましょう!

    返信削除
  3. horiくん

    地元の者は当たり前のように走っている場所だけど、阿蘇の雄大な景色は本当に素晴らしいものだと思います。
    だから情報発信はもちろんのこと、走りたいという人がいたら案内してあげたい…そう思うようになりました。
    楽しいと思う事を人と共有すると、何倍にもなって返ってきますね。
    はな阿蘇美で話したこと、これからどうやって楽しんでいこうか、今本当にワクワクしています。
    これからも一緒に共感、共有していきましょうね!

    返信削除
  4. とkさん

    とk△→わかるかな?w
    カメラ小僧だったhoriくんも、やりたい事がたくさんあるようです。頼もしいですね!
    これまで、自転車の楽しみは人それぞれ、それでいいじゃないかと思っていました。
    でも今はその楽しみをどうやって人と共有して共感できるか?そればかり考えています。
    そうなったのも自転車を通してたくさんの人と知り合い、色んなものを見たから。
    ほんと、もっともっと熊本を走りたいです。
    まずはそこからですね!

    返信削除