サイクリング計画

今後のサイクリング計画です。
あなたも一緒に走りませんか?
詳細はこちらからどうぞ。

2011年11月27日日曜日

ビンディングにしてみよう!

ツイ友のnaoさんとコラボ記事を書こうかって話になって、ちょうどその時彼女がそろそろビンディングにしてみようかどうしようか...って時だったので、じゃあそれで行きましょう!という事になり自分なりに色々考えてみた。
彼女はまだロードバイクに乗り始めて間もなく、彼女との交流の中からたくさんのわくわくを感じさせてもらい、本当に嬉しい。
ビンディングについても、話の中から不安な様子が伝わってきて、色々アドバイスさせてもらったんだけれど、自分の時はどうだったんだろう?

考えてみたら、私は最初からビンディングペダルだった。
ロードバイクを買った時、すでにそのビンディングにも憧れていて、やるなら最初から取り入れてみよう。そう思った。
ロードバイクのコンポはSHIMANOの105だったから、ペダルもSPD−SL PD-5610にした。
お店の方から片面フラットにするという方法もありますよと勧められたけれど、サイクリング以外で普通の靴を履いて乗る事は多分ないだろうと思い、PD-5610に決めた。


同時にSPD-SL用のロードシューズも購入して、ロードバイクデビューと共にビンディングデビューする事になった。
停止した状態で何度かロックオンの練習を行い、ある程度自信がついた状態で最初に走りに行ったのは自宅から10km程度の場所にある港。
10人ぐらいの気の置けない仲間達との走行会だったけれど、初めてビンディングで公道を走るという緊張感と高揚感で、楽しかったんだけれどあまりその時の事を覚えていない。
覚えているのはただ一つ。
前方の信号が黄色になったから止まろうとして、止まろうとした思考と足が連鎖しておらず、ペダルから足をはずすのが遅れてしまい、スピードが落ちた状態でそのままふらふらしてパニックに陥ってしまい、そのまま植え込みに倒れた。
いわゆる立ちゴケというやつである。

なるほど、こうやってコケるのねと少し学んで、その後はとにかく早めにペダルから足をはずす事を意識して感覚をつかんでいった。
わはは。簡単だね〜なんて思っていたら、帰り道に5人ぐらいで公道を走っていて信号停車をしようとした時に足をつくためにフリーにしていた左足ではない固定したままの右足の方向に体が傾いてしまい、思いっきりコケてアスファルトに強く体を打ち付けた。
車道側に倒れてしまった事もあり完全にパニックになって、倒れた状態で固定したままの右足をペダルからはずす事ができず、焦ってしまい自力で起き上がる事ができなかった。
結局一緒に走っていた人からシューズはペダルに固定したままで脱がせてもらい、ロードバイクと私を危険でない場所へ引きずり出してもらって救出。
車に接触しなかった事は不幸中の幸いだけれど、大きな交差点でそこにいたドライバーには一部始終を目撃されて恥ずかしい思いをし、自力で起き上がれなかった事がとても情けなく、思いっきりテンションが下がってしまいその日の楽しかったはずの走行会を終えた。

なぜ立ちゴケしたのか。もうそれは気の緩み以外の何でもない。
ビンディングにするという事はそれだけ危険を伴うものでもあるし、ビンディングに限らず自転車に乗っている時は常に色んな事を心がけて注意しておかなければならないんだという事を、その時とても実感した。

それから1年半ほどその105のペダルをずっと使っていたのだけれど、ロードバイクのピンク化計画に伴い、ペダルもピンク色にカスタムした。SPEEDPLAY ライトアクションである。

見てわかる通り105とはだいぶ形状が異なっていて、最初に練習をした時は感覚がつかめなくて全然うまく行かなかった。
でも一度感覚がつかめると、むしろ105より装着が簡単で強い力も必要としない。
105の時はガチャリと踏み込むのがうまく行かなくて、でもビンディングってそうゆうものだろうと思っていたのだけれど、このSPEEDPLAYにしてからは装着に苦労する事が全くなくなった。

ビンディングシューズは歩きにくいと言われるけれど、確かに普通の靴のそれとは違う。
でも歩行をできるだけ快適に、そしてクリートを守るためのアイテムがあれば、全然へーきなのだ。
クリートカバー
クリートはメーカーによって形状が違うので、当然クリートカバーにも互換性はない。
ちなみにこれはSPEEDPLAYのクリートカバー。
シューズに装着したらこんな感じになる。

クリートカバーは装着にけっこうコツがいって、なかなか上手にできない上に、持ち歩くには荷物が増えるという難点があるのだけれど、あれば便利。あって損はないと思う。

アルミフレームのANCHORからカーボンフレームのCHINELLIにグレードアップして、ANCHORは自転車通勤用にした。
その時に色んな方にパーツをいただいたりと大変お世話になったのだけれど、その時いただいたものの一つがLOOKのペダル。


これは片面フラットで、普通の靴で走る自転車通勤にはとても良い。
時々裏か表かわからないままペダルを踏んでいたりするのだけれど、それもまたご愛嬌だ。

立ちゴケもいい思い出。そしてビンディングペダルもすでに3つ目になった。
ビンディングペダルの良さって何ですか、とよく聞かれるけれど、固定する事で足を回転させる力を存分に使う事ができる=楽!なのである。
危険を伴うものではあるけれど、やっぱりビンディングはいいものです。
naoさん、がんばってね!

2 件のコメント:

  1. ビンディングに変えるまでは不安もあったけど、できるようになったらうれしくてしようがないです!
    ロングライド目指して、がんばりまーす☆

    返信削除
  2. naotngoo さん

    人間、転んで強くなるのさ♪
    これからそちらはオフシーズンですね。
    しっかりイメージトレーニングして、春から本格的ビンディングデビューしてください!
    これからもどうぞよろしくお願いします♪

    返信削除