サイクリング計画

今後のサイクリング計画です。
あなたも一緒に走りませんか?
詳細はこちらからどうぞ。

2011年8月29日月曜日

本当にみんなすごいと思った 俵山〜地蔵峠

色んな人と走りたいと思っても、それは簡単に叶わない。
それは単に自分の問題で、本気で走る人達について行けないから。
イベントも、実力以上のものには参加もできない。
ちゃんと走れるようになって、もっともっと楽しみたい。それが私の願い。
そんな中、今できる事をやって楽しんでいたいと思って参加したのが阿蘇望のボランティアだった。
エイドで参加者との交流を通して感じた事は、まず一番に自分が走った事もない場所を走り出て行く人達に、何にも知らないで心からの労いの言葉はかけられないという事。
それじゃあだめだと思って、先日走った阿蘇望Bコース。

そして本日、いよいよ阿蘇望Aコースの後半部分を走ってみる事にした。(前半部分はBコースと一緒)
朝5時起床。
道案内をお願いしたhiroex氏と6時に合流し、朝日を浴びながら出発。

太陽に向かって走るから眩しいったらありゃしない!
出発して気づいたんだけど、先日お下がりでもらったPOLARのサイクルコンピューターのスピードとケイデンスが全く反応しない...。
いやそれに先日気づいていたのに、すっかり忘れていてすっかりテンションが下がってしまった。

お馴染み秋津川から益城方面へ抜け、津森から杉堂の坂へ。
自分ではそんなに調子が良い感じも、本気のつもりもなかったけれど、いつも置いて行かれる氏を先行逃げ切りwww
MTBの頃から何度も上ったこの坂はすっかり距離や斜度が身に付いていていた事が、良いペースで走れた要因だったのかもしれない。
スピードセンサーとケイデンスセンサーがすっかり仕事をしないので、角度と登り具合ぐらいしか楽しみがなかったので、足が回ってしまったんだろうか?

西原のセブンに到着して最初の補給。

まだ早朝とはいえだんだん陽が高くなって暑くなってきたので、まずは俵山へ。
青空に映えるX橋は最高にかっこいい!

俵山の入り口で水分補給をしていたら、先日の阿蘇望の場所に居らっしゃったというご近所の方と偶然にもお話する事ができ、とても嬉しく感じた。
縁とはこうゆうものだよね。

ご覧の通りの状況で...

少しずつ風車が見えてくる。
最初のうちは置いて行かれ...

追いついたw

そして風車の足下へ到着!

俵山もこれまでヒーコラ言って登った経験がようやく生きてきたのか、けっこうがんばれた。
気づくと氏は遥か後ろで余裕の表情(?)を見せていたので、ここからは一人で峠まで。
サイコンを見ると途中17%を表示する場所もあったけれど、ここを登るとヨッチ氏が叫ぶという「丸太はまだか!」の丸太が見えて、ほどなく峠に到着。

今日の俵山は本当に風が強くて、風車がゴーゴーと凄い勢いで回っていた。
そしてダウンヒルからあそ望の郷久木野へ。

昼食を食べるとお腹いっぱいになるから軽く食べておこうという事で、おはぎとこれを食べた。
人によって効果のほどは違うかもしれないけれど、私はけっこう効き目を感じる。
モチベーションをアップさせる効果もあるかもしれない。

とりあえず着いた事を知らせようとツイートしたりしていたら、まただんだん気温が上がってきた様子。
地蔵峠、もう行くのやめましょうか?とダメもとで聞いてみたけれど、hiroex氏は冗談だと思ったようだ。
行くとは言ったものの、初めて行く場所だしどう考えてもきついよねえ...。
先日までは曇天とかで何となく天気に恵まれてたけど、今日は真夏日和よねえ...。
...とグダグダ悩んでいても仕方ないので、未知の世界「地蔵峠」へ!
男性達がこぞって訪れるこの場所。
自分には無縁だと思ってたけど、ようやく来れた事がとても嬉しかった。

とはいえ最初からどんどん勾配がアップしていくので、すっかりカメさんペースとなり氏にもすっかり置いて行かれた。

それにしても、やっぱり初めて行く場所はきつい。
この距離の長さといい、勾配のきつさといい、ラピュタよりむしろ雲仙 普賢岳を思い出した。
そしてこんなにきつい所を走る男性陣、阿蘇望の参加者達は本当にすごいなーと思った。
とkさんが足を攣ったというポイントでは、本当に自分も足が攣りそうになってびっくり。
SKINSを速攻でポチろうと思うのも、納得だ。
置いて行かれたために泣き言を言う相手もおらず、一人ヒーヒー言いながら登っていたら、地蔵エイドの先では勾配が20%を指した。

そしてどうにかみんながいつも休憩するというビューポイントに到着。

ようやくここまで来れた。
もうこれで、地蔵峠がどこにあるかも、どんなにきついかもよくわかる。

ここからは豪快なダウンヒル。
ジェットコースター大好きなので、もちろんダウンヒルも大好きなのだけれど、
私の場合、登った分ダウンヒルがめちゃめちゃ気持ちいい事がわかっているので、なんとか峠を越えられる...と言っても過言ではない。
ダウンヒルの途中で氏が水を補給したいと言うので、水場へ。
ここでは年配の女性が先に水を汲まれていたけれど、私のボトルにも水をたっぷり汲んでくださいました。
本当にありがたく、心が暖かくなった。嬉しいなあ。
その後も、集団の登山客の方達からガンバレ!の声をいただいたりして、また良い思いでができた。

延々続くダウンヒルを下り終えて、下界に着いてようやく昼食。
ずっと疑問に思っていたので、hiroex氏に「表地蔵と裏地蔵は別の場所にあるんでしょう?」と聞いてみたら、「ばかー!wwwそうじゃなくて、今行ったルートを同じ道順で行くのが裏地蔵。逆から登るのが表地蔵だよ。」と言われた。
そうだったのか...www

暑さときつさで帰りはもう力が出ません...と本当に走れない状態でどうにか帰路へ。
でもまあいいさ。
ちゃんと走ってみた事で、来年は偽りでない本当の労いの言葉を、参加者達にかけられると思う。
そしてもう一つ言える事は、地蔵峠はもうお腹いっぱい。
もうしばらく行きませんw

走行距離95km


2011年8月27日土曜日

ペダルを回し続けていよう

遠い場所や高い山へ走りに行こうとする時は、いつも緊張する。
それは例え初めてじゃない場所でも、いつもそうだ。
緊張するのは、走りきれるかどうかの少しの不安と、どんなに楽しい事が待っているかの高揚感。
だから、緊張するのも悪くない。

初めて集団でのサイクリングに参加した時は、今とは緊張の度合いも少し違っていた。
まだ自転車を趣味として始めたばかりで、距離や速さなど関係なくただ一人で楽しんでいただけ。
でも集団走行になったら、きっと足手まといになる...。
60kmという距離が全く未知の世界だった事もあって、参加しますとは言ったものの緊張で泣きそうだった。
そして当日、思った以上の速い巡航速度に必死の思いで着いて行った結果オーバペースとなって、後半は足が売り切れ。
それでも走り切れたのは、その時サポートしてくれてずっと着いていてくれた人がいたからだ。
サイクリングを終えて若干凹みもしたけれど、その時得たものはそれ以上に大きく、楽しさは何倍にもなって返ってきた。

だから今、もしも「自信がありません」という人と一緒に走る機会があれば、きっと全力でその人をサポートできるだろう。
だから私は誰とでも一緒に走りたいと思うし、もっと遠くへ、色んな場所へ足を運んで楽しさを知って欲しいなと心から思う。
速く走る事は、先の課題にすればいい。
足を着いたっていいじゃないか。
自転車は、ペダルを回し続けていれば、いつか目指す場所へ着くんだもの。
そうやってずっと自転車に乗り続けていれば、いつか自分の目指す場所へ着けるんじゃないか?
もし思ったように走れなくても、その気持ちは次へ繋げていけばいい。
大事なのは、やってみること。
そう思いませんか?


2011年8月25日木曜日

第2回+Cサイクリングのお知らせ

先日雨で延期になった+Cさん主催のサイクリングが開催されます。

日時:2011年9月24日(土)
集合場所:+Cサイクリングウエアshop
集合時間:未定

詳しくはこちら→+Cサイクリングウエア「第二回+Cサイクリングのお知らせ」

今回の行き先は麻生原のキンモクセイ。
私は初めて行った前回は、時期はずれでキンモクセイを堪能できず...
なのでとっても楽しみです。
ルートは平地メインの川沿い走行で、距離も50km内になる予定とのこと。
時間的にはAMのみとなります。
参加資格はヘルメット着用で、きちんと整備された自転車をお持ちの方に限ります。

どなたでも参加OK!
当ブログからの参加申し込みの方はコメントにて参加表明いただくか、
twitter ANGEL_BLUE_ME宛てDMにてご連絡下さい。
ルート等詳細についてはわかり次第UPしますが、参加がまだ確定できない...という場合でも、詳細決定の情報としますのでとりあえずご連絡くださいませ〜。

2011年8月23日火曜日

レディースサイクルパンツ 〜自転車通勤

女子高生なら自転車でスカートも有りかもしれないけれど、自転車通勤でスカートひらひら〜はあり得ません!
できれば快適に、そしてお洒落に乗っていたい。
ずっとそう思っていたけれど、なかなか良いものが見つからず...。
そんな中懇意にさせていたたいだいてるサイクルウエアのshop、+Cさんで良いものを発見!

何色かあるけれど、こちらはデニム生地。
超カジュアルじゃなければ基本的に服装自由の職場なので、普段でもジーパンで出勤するほどデニム好き。
でもやっぱりジーパンは伸縮性に欠けるし生地も厚くて、あまり自転車に乗る事には向いていない。
このパンツは、生地も薄手で伸縮性があり、とても動きやすくて、ペダルを回していても動きを邪魔しません。

そしてポケットには秘密が。

お洒落な赤いラインがポケットの取り出し口。
普通のポケットと違ってポケットの上ではなく横に口がついているので、ファスナーやボタンがなくても簡単に物が落ちない作りになっています。
むしろファスナーやボタンで完全に閉じている状態だと、意外に使いずらかったりするけれど、このポケットは物の出し入れが簡単!

丈は八分丈で、ウエストはボタンとファスナー、ベルト穴付き。
タックが入っていて、ぴったりスリムではないのでラインがとても綺麗です。

お問い合わせはこちらへどうぞ。
+Cサイクリングウエア

履き心地がとても良い。
心地がいいと自転車通勤も楽しくなるね。
着用写真は後日UPします。

2011年8月21日日曜日

週末の予定

夏休みもそろそろ終わり。色んな意味で早く開放されたい...
そんな中8月最後の週末は初俵山、地蔵峠に行ってきます。
今のところ天気は良さそうだし、どうにか走れるかな?
自宅から自走...で出発6:00予定。こりゃあ大変だあwww

地蔵峠って名前だから穏やかな峠だと思ってますが...
なにせ初めてなもので、場所も何にもわかりません。
完走できるかな?
ドキドキwww

knog(ノグ) サコッシュ

ロードバイクで出かける時は必ずポケットに入れて行くサコッシュ。
現在は+Cさんノベルティのサコッシュを愛用中です。
サコッシュがあるとすごーく便利!レースに出る選手のように補給食を入れておくのはもちろんのこと、暑さ寒さが微妙な季節には脱いだ上着を入れたりとか。
使わない時は細く(これ大事!)丸めて背中のポケットに入れておく。
これがあるとね、荷物が増えても大丈夫!という安心感があります。

そんなわけでサコッシュをググってみたら、さすがknog。可愛いのがありました。
この他にも3パターンあり。

ダイアテックプロダクツ
このデザインなら、普段でも使ってみたい。
自転車通勤で泣く泣くお弁当をメッセンジャーバッグに入れているから、これに入れてみるのもいいかもしれない。

2011年8月20日土曜日

結局雨なんてどうでもいいと思った

梅雨か?というぐらいずっと雨予報の熊本。
かと思うと晴れの日の夕方なんてトンボが飛んでたりして、すっかり秋の気配です。
夏もう終わったの?

そんな中、楽しみにしていた+Cサイクリングも一日雨予報で中止となった今日、それでもやっぱり走りたいと自宅を出たのは7:30。
幸いにも雨は降っていなくて、曇り空を眺めながらとなった。
もしかしたら誰か来るかもしれんよねーって事で、とりあえず予定されていた集合時間の8:00に+Cさんへ到着。

今にも降り出しそうだしどのルートで行くー?なんて言いながら朝食を買い出ししたり。
そして予告通りスーツ姿でもrさん登場!

出張前にわざわざ駆けつけてくださいました。ありがとうございます!
若干一名座って偉そうなのがいるけど...まあいいかwww
雨が降る前に出発しようぜ〜という事で、結局誰も来ないまま+Cショップオーナーのzaitsu氏hiroex氏と三人で出る事となった。
もrさんknogのキャップがとてもお似合いです。

いざ、チームbiciclistaで出発!

どこ行く〜?とは言ったものの、結局行き先の金峰山までのルートもよくわからず。
途中で尋ねると、練習だー訓練だーと皆がこぞって登る「鎌研坂」だそうで...
路面はwet、空は一面雲に覆われる中再び山へ。

何やら高級サイコンを手に入れたとかでhiroex氏からお下がり...いや、譲り受けたPOLARのサイコン。
専属パーツ取り付け担当の夫が先日つけてくれたけど、何だか調子がおかしい...
とゆうか、全く動いてないじゃん!

サイクルコンピューター(通称サイコン)は、なくても走れないわけじゃないけど、ないとものすごくつまらないのだ。
たいして早くもないけれど、やっぱり自分のがんばりが数値で見えるっていうのはモチベーションアップにも繋がるし、何よりあると楽しいよねえ。
こうゆうちょっとした事がすごく重要。

坂に入ったらあっとゆう間にzaitsu氏は見えなくなり...

どうにか鎌研坂を登りきって、峠の茶屋に無事到着。

先日下りついでに思いっきりスルーしたこの場所。
まさか自分が来る事になるとは思いもしなかった。
金峰山に登り慣れてる二人はルートについて何らや談義中。

zaitsu氏のMASI

hiroex氏のCARRERA

そして私のChinelli

そして秘境へ。

いや、俺の道?www

霧と亀の甲羅状態の路面。まるでラピュタみたい。

分岐点に到着。一人で来ると、分岐点って必ず間違ってしまうんだよね。
よかった今日は一人じゃなくて。

上って下って一週間ぶりにナルシストの椅子に到着。
先日と打って変わって何にも見えない。雲仙は雲の中でした。

景色を眺めるロード海苔一名と、ナルシスト一名www

ちょっとした出会いもあったり、何か色々話したりしてまったり休憩していたら、とうとう雨が降り出してしまった。
急いで帰ろうぜ!という事で帰路へ。

あっとゆう間に置いて行かれて...

追いついたwww

どしゃ降りではないけれど、通り雨ではなさそうな感じで久しぶりの雨が体に痛い。
でも冬と違って高い湿度で熱くなった体を適度に冷やしてくれるから、ここで雨が降ったのはある意味ラッキーだったのかもね。

下界に戻ってきた。

そしてようやくお店に到着!

朝写真の使い回しではありませんwww

POLARの調子がどうにも気になり、元の持ち主であるhiroex氏に見てもらったところ、
なんとスピードセンサーとケイデンスセンサーを逆に取り付けていたらしい。
夫の名誉のために言っておくけど、それを指示したのは私。
どうりで動かないはずだよね...って、ばかー!www

hiroexメンテナンスに再取り付けをお願いしている間に、zaitsuさんから色々なお話を聞かせていただきました。興味深く、とても勉強になります。
ああ、私もいつかサイクルモード行きたい...。

そんなこんなで腹をすかせた娘達へ昼ご飯の支度をするために、一足先に帰路へ。
結局濡れたのはナルシストから+Cまでの間だけで、自宅に帰り着くまで濡れずに済んだ。
+Cサイクリングは残念ながら中止になったけど、また今後に期待です。
それにしても金峰山...
あーこれはちょっと時間が空いた時にささっと一人でも行けるよねー、なんて思っているのは内緒の話。
見るのと乗るのじゃ大違い。そんなもんです。

2011年8月17日水曜日

Bikeguy USB充電式ライト ツインパック

通勤用アンカー号のテイルランプがなかったので、以前から気になっていたこれをGET。
GEMMINIとORION、単体売りもあるけれどセットにしてみた。
点滅2種と点灯が選べて不足はない。
ハンドルに装着するフロント側のGEMMINIは、本体のお尻についているゴムバンドをハンドルにくるりと巻き付けて、本体に止める。今までこんなに簡単なの見た事ありませんwww
一方てテイルランプのORIONは、同じくお尻から出たゴムをシートポストに巻き付け、本体にひっかける。これまた簡単www

そして何より驚いたのがその明るさ。
以前から使っているGENTOS閃と合わせて使ってみたけれど、GENTOS無しでも十分いけそうな感じ。
車のライトで言うならばデスチャージ並みの明るさだ。

一見クリアなデザインで中身も丸見えなんだけれど、自転車につけるとめちゃ可愛いです!
これはかなり意外だったけれど、女子としては嬉しいなあ。
そんなわけでチネリ willin'用に探していたライトも、これに決めようと思う。

2011年8月16日火曜日

ロードバイクを買った時の事を少し書いてみた

2012年モデルが続々と発表になっている。
流れて来るリーダーからの記事を見るたびに、ロードバイクを買いたいなと思ってその記事を読んでる人がいるんだろうなと、人ごとながらわくわくしてくる。

自分の時はどうだっただろう?と思って当時書いたSNSの日記はこんな感じだった。

ロードが欲しい...
2008年モデルのカタログを眺めては、恋焦がれている。
男性に比べて、女性はフレームサイズが小さいので、色々と限定されてしまう。
先日お店で2009年モデルのカタログを見てきた。
行くから、なおさら欲しくなるのだ。
先日相談した知人は、MTBにスリックタイヤで、あちこちの大会に参加しているツワモノさん。
あえてMTBにこだわる理由を聞いてみると、「人と同じは嫌だから」。
うーん…。
考え方は人それぞれ。。
でも、誰と話しても共通するのは、楽しむ事が大事だという事。
いつかここに、ロードお披露目できる日がきますように。

その後一台の車種に決めて、ロードバイクとの日々が始まる事になる。
今思えばもっと調べる手段は色々あっただろうに、当時はカタログと人から聞いた情報だけに頼りきっていた。
というか、ネットを見てもいまいちよくわからなかった。

ロードバイクが欲しいと思ったきっかけは、MTBを入手してすぐにロード乗りの人とサイクリングに行ったり、実際にロードバイクに乗せてもらったりして良さを実感した事。
見てるだけでも十分かっこよさは伝わってきたけれど、実際に試乗させてもらいおそるおそるペダルを回しながら感動を覚えた事は、今でも忘れない。
だから私はできるだけ、MTBやロードバイクが欲しいという人に出会ったら試乗させてあげる事にしている。
だって、見聞きするより乗って体感したほうが一番早いもんね。

今でこそ一人で山へ行ったりしているけれど、きっかけなんてそんなものだ。(私の場合)
だからたまに人から、どうしてロードバイクに乗ろうと思ったの?と聞かれる事があるけれど、乗ってみてすごく良かったから、としか言いようがなく返事に困る。
MTBやロード乗りの友人なんて最初はたったの一人もいなかったのに、今はたくさんの人と知り合えた。
その事が私は本当に嬉しい。

2011年8月13日土曜日

ナルシストになりたくて

なんだかんだで眠りについたのが27:00で、5:00起きしてから自転車乗るなんて無理かもしれん...なんて思ってたら、意外に起きれた。
バスケの試合に出かける家族を見送ってしばらくぐだぐだしていたけど、二度寝もできないような気がしたので、結局それから準備したりしてようやく7:00にWillin'で自宅を出発。
昨夜までどこに行こうか色々考えていたけど、やっぱり自分も試走したくて向かったのは20日(土)集合場所の+Cさんへ。


告知されていた通り本日はお休みでした。

試走というのは先日こちらにも書いた通り、8/20に開催される+Cサイクリングのルートの試走(というか下見)。

+Cサイクリングウエア 「サイクリングいきませんか?」


今日は久しぶりに一人で全く初めてのルートのため、MAPとhiroex氏のルート案内だけを頼りに走ってみる事にした。
とりあえず植木駅までは何度も走っているのでまだ余裕www

新幹線高架橋横。
さくらは目撃できず。

ゆうかファミリーロードの井芹川沿い。
毎度の事ながら、黄色いポールにはかなり気を使う。

ゆうかファミリーロード 保健科学大学付近。

夏場は雑草が元気だねえ。

まずは最初の登りである「寂心さんの樟」への坂に到着。
この辺りですでに気温が高く日射しもきつくなってきた。

最初にここに来た時はかなりヒーヒーだったけど、けっこう慣れっこになってきた...ような気がしたけどやっぱり登りきる手前ではヒーヒーだった。まだまだだなあ...


植木駅までは知ってる道で余裕だったけれど、そこから先はいよいよ案内を確認しながらの走行となった。
分岐点で立ち止まって、ルート確認して、走行再開...そんな感じでなかなか前に進まない。

ようやく菱形の池に到着。
池は当日のお楽しみにして先を急ぐ。


玉東町への登りスタート。
日射しは強いけれど、木陰のおかげで幾分涼しく感じられた。

hiroex氏が「この分岐は左に進みたくなりますが、道なりに右へ登ります。」と書かれていた場所に立つ案内板。確かに左折したくなるような分岐だけど、玉名方面に右折。


ようやく玉東町へ。

ここでようやく視界が大きく開ける。
天気がよくて素晴らしい景色に暑さも忘れてしまいそう。

hiroex氏の案内に「この峠付近に自販機があったような気がするのですが…記憶違いかなあ…」とあるけれど、しばらく進むとありました!


玉名広域農道へ。
ここはいったいどこなんだろうか...

ここから向かうのは、自転車乗り達がこぞって訪れる金峰山。
私がずっと敬遠してきた山だ。
子どもの頃からの2度に渡るちょっとした出来事がトラウマになり、二度と...いや、一生足を踏み入れまいと思っていた。
例えどんなに人に勧められようとも今まで一度も自転車で...いや、車でさえ足を踏み入れた事はない。
自宅の窓からの景色の一部。そう思っていた。

でもロードバイクの楽しさを知って行くにつれて、いずれは行かなきゃいけないかもね...と思うようになっていた。
そして今回サイクリングのルートになった事で、いよいよ克服する時が来たんだなと怖かったけれど腹をくくる事にした。

天水方面へ。

ループ橋を越えて、ひたすら登る。
もうここは金峰山なんだろうか?

まだ金峰山じゃないのか?

展望所。
ここはもう...

登った先に赤い自販機が見える。
あれはもしかして...

人に話すといつも笑われるけれど、トラウマなんてそんなもの。
私が描く金峰山は暗くて怖い閉ざされたイメージ。
だからみんなよく行くよなあ...といつも思っていた。
自転車乗りなら一度は行ってみたいあの場所も...



ナルシストの椅子キタ――(゚∀゚)――!!


私が座る事なんて一生ないな、と思っていた場所についに来た!
実際に座ってみたけど、連れがいないので証拠写真はないwww

ミニッツメイドで乾杯!

雲仙も綺麗に見えたよ。

しばらくナルシストを堪能してから、再び走行再開。
ここから先のアップダウンからは、ぼちぼちサイクリングを楽しむ人に遭遇した。
途中峠の茶屋でお決まりの写真を撮ろうと思ったけれど、なんとなく先約がいてタイミングを逃してしまい、写真は無し。
峠の茶屋からのダウンヒルでは、本妙寺から登ってくる自転車乗りに多数遭遇してえらくきつそうだったけど...そうか、そんなにきついのか...

一気に駆け下りるとそこはもう見慣れた町並みで、短時間でのサイクリングには最適!と言われるのもこれなら納得。
そうか、みんなここに来ていたんだな。

ようやく元来た道へ戻って来た。

それにしても...
きっと今走ってきた場所が金峰山で、えらく楽しかったんだけど、私が長年抱いていたイメージは何だったんだろうか。
なんだ、やればできる子じゃない?www
...なーんて、本当はとてもドキドキしたけれど、とても明るく景色も楽しめてむしろ楽しい場所だという事がわかって本当によかった。
これでこれからの自転車LIFEがだいぶ変わってくるかもな。

11時帰着。
ルート確認と休憩に1時間として、約3時間で試走を完了した。
どうか、晴れますように。

走行距離 53km