サイクリング計画

今後のサイクリング計画です。
あなたも一緒に走りませんか?
詳細はこちらからどうぞ。

2012年1月16日月曜日

続 サイクリングで女子会を

サイクリングで女子会やりたい!と書いたのは去年の11月。
それから色んな出会いがあって、自転車を楽しんでいる女性の方々とお知り合いになったり交流を深めたり。
そんな中で色んな人がいて、色んな考えがあって、色んなスタイルがあって...本当に面白いなーと日々感じているところです。
そんな中、ようやくささやかな女子会をやってみました。

朝から残念ながら空はどんより曇り空。
でも思ったほど寒くないし、楽しんで行くぜい!...という事で乙女橋に9時集合!
女子会...のはずが、なぜか男性もいますね。男子会かな?www


女子会もまずは少ない人数から...という事でカエラ嬢をお誘いしたところ、二つ返事でOKいただき、久しぶりの再会と初めて二人でのサイクリングとなった。
これまで女性と走った事なんて数えるほどしかなくて、だからこそこうやって一緒に走れる事が嬉しかった。
いつも男性と走れば置いてけぼりで、劣等感を抱いてばかり。
男性だから女性だからって事はきっとないんだろうけど、感じるものや見えるものがきっと似てるんじゃないか、そう思っていた。

一緒に走れるなんてめちゃめちゃ嬉しいよう!行けるところまでがんばろうね!とお互いを励まし合い、男子会と一緒に元気に出発〜!


緑川沿いを抜け、まず到着したのはここ。
豊野の山崎橋。

同行した+Cのzaitsu氏が次のサイクリングにいいんじゃないか?と言っていましたが、果たしてどうなるんでしょうか?

カエラ嬢も石橋がお好きなようで、とても喜んでくれた。
そう、楽しいってこうゆう事。

そして石橋近くには先日も訪れた御手洗水源が。
若干一名怪しいぞ?w

ここで時間切れとなりzaitsu氏とはお別れ。Thank youでした!

実はこのすぐ近くが先日転んだ場所だったんだけど、そろそろ呪いが解けたと思うので記念に撮ってみた。

ここで転ぶなんてよほどどうかしてたんだろうと思われる緩い坂道。
あの時どれだけ疲れていてふらふらだったのか、同じ場所に立ってみてよくわかった。
でもどんな精神状態でも気をつけなきゃいけないよね。痛いのは自分だもの。

転んだ時の様子を自演する私を呆然と見つめる二人。

さあ、お次は白玉だーい!と寒空の中再び小川方面へ。

カエラ嬢はとても好調で、後ろから追っていてもなかなか追いつけない。
これまでほとんど一人で走っていたという彼女が、以前の自分の姿を思い出させた。
一人で走る気楽さ、寂しさ。
彼女の後ろ姿を追いながら、色んな事を思い出していた。


なかなか良いペースで走り抜け、ようやく氷川に到着!

近辺はまだ工事中だった。

相変わらず空はグレー。青空が見たかったよ。

小川方面に行く時はいつも立ち寄らせていただく白玉屋新三郎さん。
初めて来たというカエラ嬢もとても喜んでくれて、嬉しいなあ。
走りながらもう絶対これを食べる!とカエラ嬢に宣言していたぜんざいをオーダー。
白玉ぜんざい
いつ食べても柔らかい白玉が口の中でとろける美味しさ。今回も美味しかったです!

座ったらすっかりくつろぎモードになり色んな話をしたりして。
寒いけど楽しいよねー!ここが目的地でいいんじゃないの?w...とか。
女子ポタだからカフェだよね、とかそんなの絶対ありえん!と思ってたけど、もしかしてこうゆう事なのかもしれないね。

先週カエラ嬢が一人で初めてゆうかを走ったという話を聞いて、ああこの人は本当に自転車が好きなんだなあと思った。
私が一人で走っていた時も、ろくに目的地も決めずよく冒険してたっけ。
彼女が人と走る喜びを感じてくれたらいいなあと、話しながら心の中で思っていた。

思いのほか時間を費やしてしまったので、予定のいずみでご飯はやめてもっと近場にしようという事になり走行再開。
せっかくだしどこかに立ち寄ってみようか、とhiroexが案内してくれたのはこの場所でした。
立神峡
立神峡の吊り橋を訪れるのは今回で二度目だけど、何度来ても素晴らしい眺め。
そして吊り橋に乗るとやっぱりテンションがあがってしまうのはカエラ嬢も同じだったらしいw
見ただけで足がすくんでしまうような大きな吊り橋を、カエラ嬢はどんどん進んで行く。
そういえば私も最初に来た時そうだったなあ。
遥か遠くまで行ってしまった彼女を見て、おもわず笑みがこぼれた。
楽しいってこうゆう事だ。

吊り橋を揺らす者若干一名w

いつの日かまた女子会でここに来よう。

吊り橋見学を終え下界に戻ってきたところで、ここでご飯を食べるか、少しがんばって坂道登っていずみへ行くか...という話になった。
正直お腹がかなりすいていたし、この先の坂道がどんどんきつくなる事はわかっていたので、もうここでご飯でいいんじゃない?と言ってみたものの、いずみのご飯もたべたいなあ...と思ったり。
それよりも一緒に走るカエラ嬢が楽しんでくれる事が一番だし、きつい思いをさせるのは嫌だなあと思っていた。
どうするか決めかねていたところ、カエラ嬢が行ってみようか!という顔をしたので、じゃあもう一踏ん張りがんばろうかね、という事になり走行再開!
もう、すごく頼もしいんですけど!w

ここからの道はなんというか修行の道で、何が修行かと言うと景色がそんなに楽しくないし淡々と登っていくような道なのだ。
もう一人なら絶対だらだら走ってしまいそうな道なんだけど、なぜかこの日は快調でそれはやっぱりカエラ嬢に楽しんでもらいたいとう気持ちが大きかったのだと思う。
鎌研坂へ行った時、坂なんて大嫌いだと言っていた彼女がもっと坂嫌いになるんじゃないか。
どうにかこの道を登り切って欲しいと思い、会話こそしなかったけれど一緒に走った。
自分がそうであったように、誰かと一緒に走る事がキツい事や辛い事を軽くしてくれる事を知って欲しい。
そう思ってゆっくりと二人で坂道を登っていった。

最初は緩く、そして少しずつキツくなっていく坂をどうにか上りきり、ふれあいセンターいずみへ到着!

やっと着いた〜!と息も絶え絶えになってる私の横で、息を乱す事なく気持ち良さそうにしているカエラ嬢。
なんとも頼もしくて、思わず笑みがこぼれた。
楽しいってこうゆう事だ。

ここは猪鹿料理や冬には鍋料理などもあるんだけれど、なんだか無性に食べたくなって普通にからあげ定食をオーダー。
いつ来ても変わらぬ味。今回も美味しかったです!

またもや座った途端にくつろぎモードになってしまい、あれこれ話に花が咲いてしまった。
ウエアの事、ルートの事、自転車に乗るという事、これからやってみたい事。
同じ趣味の人、しかも同性となると話が尽きなくて本当に楽しい。
ロードバイクに乗ってる女性は奇異な目で見られがちだけど、みんな普通の人で普通の感性を持っている。
みんな同じだなんだなあと感じる事ができたのは、女性ならではの視点に共感する事がたくさんあったからだ。

すっかり長居してしまい、ようやく腰を上げたのが14時。
外に出てみたらすっかり外気は冷凍庫のようになってしまっていたけれど、カエラ嬢がうんと伸びをして気持ちいい!と言っていたので、思わず笑みがこぼれてしまった。
和やかに過ごした時間が、冷凍庫のような冷たい空気も吹き飛ばしてくれたんだよね。
楽しいってこうゆう事。


帰り道も快調に走って行くカエラ嬢。
遥か遠くに見えなくなってしまったhiroexを二人で追いながら、黙々とペダルを回した。

そして帰り道ついでにここへ。
二俣五橋
初めて訪れたというカエラ嬢がおお!すごい眺めだ!ととても感動してくれたので、ここでも思わず笑みがこぼれた。
あれ?感動しないの?と言われたけれど、二度目なのでさすがに感動は薄れていますwww
でも、楽しいってこうゆう事だ。


晴れていると、橋のアーチと水面に映る影が合わさってハートに見える事で有名なこの橋も、曇りの日ではさすがに見えなかった。
カエラ嬢に見せてあげたかったなあ。


カエラ嬢が、二俣五橋なんだからここから見える橋が5つあるのか?と言ったのでhiroexが橋の数を数えていたけれど、見える橋は4つしかなく五橋は橋が5つ見えるという意味ではなかったみたい。

そうしてようやく帰路へ。
下界に降りてきても気温が下がったままだったけれど、走っているとすぐに暑くなる。
川沿いの道気持ちいいね〜とカエラ嬢が喜んでいたので、見慣れた景色がすごく新鮮なものに見えた。
寒かったけど、こうやって走って良かったなあ。

行く道すがらあちこちでどんどやの準備が行われていたけれど、帰り道にもどんどやがたくさん見られた。
遠くを眺めるとどんどやを燃やしている煙が見えたりしてね。
日本の風習はまだあちこちに残っているんだなあ。


そして寒さを吹き飛ばしながら走り、ようやくSTARTした乙女橋に到着!
到着してすぐにカエラ嬢が、めちゃめちゃ楽しかったー!大満足だー!反省するところ全く無し!ととても喜んでいて、ハイタッチこそしなかったけれど二人で喜び合った。
本当にお互い頑張ったよね!と自分達で自らを褒め合うの、かなり楽しいんですけど!w
なんだかすごく感動して感無量になって、実はちょっと泣きそうだったり...。
hiroex氏には、いつもどうしてそれぐらい頑張らないんだ?wと指摘されたけれど、実のところ自分でもよくわかりません。
でも、楽しんで走りたい、カエラ嬢にも楽しんでもらいたい、という気持ちがそうさせたのかな?

そんなこんなで楽しい女子会無事終了!
遠出してここまで来てくれた事、そして楽しい時間をくれたカエラ嬢に感謝!
今後ともどうぞよろしくお願いします。
ビンディングにしたらすっかり抜かれて行きそうだけど、女子会またやりましょう!
そして短い時間ながらもしっかりサポートしてくれたzaitsu氏に感謝!
暑い暑いと上着を脱いでいたら、しっかりbiciclistaを撮ってくれました。
写真Thank youです!
そして、何にもわからん女子二人、どうやってサポートしようかと頭を悩ませ、前日にはそのプレッシャーで体調不良になってしまったというhiroex氏にも感謝!
これからもサポートとプランナーよろしくお願いします。

とにかく楽しくて、カエラ嬢も満足してくれて本当に嬉しい。
この輪が広がっていくといいな。

走行距離 90.55km

0 件のコメント:

コメントを投稿