サイクリング計画

今後のサイクリング計画です。
あなたも一緒に走りませんか?
詳細はこちらからどうぞ。

2012年1月23日月曜日

デザインマンホール in熊本市


自転車で見つけた熊本市のデザインマンホール。
描かれている花は、書かれている通りひごつばきですね。
ひごつばき、と言えば熊本市の花。
肥後つばきがなぜ熊本市の花なのか、ホームページにはこのように記載されていました。
肥後ツバキは古くから熊本独特の花として知られ、代表的な名花であるばかりでなく、最近は国際的にも知られつつあり、一般家庭でも容易に育てることができること等が考えられます。

肥後つばきとはどんな花なのか?wikipediaで調べてみました。
肥後椿(ひごつばき)は、肥後・熊本藩の大名だった細川家にて、育種・保存されていた系統で、かつては門外不出であったが、現在では苗木が販売され、愛好者が多い。鉢植え・盆栽として栽培され、花は大輪一重で、梅蕊(ばいしん)咲きという花形で、花の中心から多数のおしべが放射状に広がり、赤・白・ピンクやその絞り咲きの花の色と、黄色のおしべとのコントラストが非常に美しい。肥後六花の一つ。
という事で、肥後つばきは昔から熊本になじみ深い花で、その花が熊本市の花となり、デザインマンホールの絵として採用された、というわけでした。
ちなみに熊本城近くでは、同じデザインの色付きマンホールがあるようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿