サイクリング計画

今後のサイクリング計画です。
あなたも一緒に走りませんか?
詳細はこちらからどうぞ。

2012年4月30日月曜日

ちょっとラピュタに行ってきた

5/20に企画したラピュタ行きを控えて試走に行かねばね、と思いながら島原行きから2週間あいて日曜日。
ようやく走りに行ってきた。


曇り予報だったにもかかわらず青空で、これは絶景が望めるかもしれんね!とのどかな景色を見ながら思った。
いや、絶景でなくてもこういうどこにでもある風景が実は心を和ませてくれる。

ラピュタに自走で行くのはまだ何度目かだけど、自宅からだと市街地を抜けて行かねばならず選ぶ道によっては何度も信号で足止めさせられて、なかなか思うように進めない。
しかもこの数ヶ月間、車の少ない田舎道や道幅の広い走りやすい道ばかり走っていたので、交通量が多くて自転車が走行する道の左端が荒れた道を久しぶりに走ってとてももどかしかった。
ラピュタの麓まで行かねばならないのに、予定の時間を大幅に過ぎてなんだか足も重い。
結局いつものように、遥か遠くに行く人を追いかける形で内牧まで向かった。

...とまあそんな事情でここまで2〜3枚しか写真を撮ってなかったんだけど、次のひとコマを撮ろうとしたところでカメラの異常に気づいた。
起動させようにもシャッターが動かずエラーの表示。
今から素晴らしい景色が見れるラピュタに行こうっていうのに、これって何の罰ゲーム?w
なーんて笑える余裕もなく、むしろモチベーションは下降ぎみ...。

自転車に乗り始めてすぐにコンパクトデジタルカメラ...通称コンデジを購入して、自転車に乗って見た風景や感じた事を写真に納めるのが、今やサイクリングには切っても切り離せない楽しみ。
カメラが動かなくなって、改めて写真を撮る事が自転車に乗る事の大きな力になってるんだなあ。
ウンともスンとも言わないカメラにしばしボーゼンとなるも、とりあえず解決作もない。
とはいえ、そんな大事な精密機器をハードな環境で使っていればいつ壊れたっておかしくないよなあ...なんて思いながら、泣く泣くラピュタへ向かった。
使いやすくて良いカメラだったのにな。S90よ、ごめんなさい。(治りますように!)

結局いつものようにひーひー言いながら上るラピュタの道。

もうこの頃には空一面雲が覆っていて風も強くて、写真の通り暗い感じのラピュタだった。
それでも目を遠くに向けると、素晴らしい阿蘇の景色が広がっていて、また見る事ができた事を嬉しく思う。
冬の間寒さに耐えながら走った事、そしてここまでの道のり。
自転車に乗ってると、普段感じている不安や気になる事がとても小さく些細な事に思えてね。
そしてそれは普段なかなか行けない場所や見れないものを見た時は、本当にそう感じる。
ラピュタに来て周りの景色を見ると、本当にそう感じる。
だから何度も行きたくなるんだなあ。

時間が遅かったのか、AP三耐に参加した人が多かったのか、この日は2人ぐらいの自転車乗りにしか会わなかった。
その代わりバイクや車が多くて、ゴールデンウィークなんだなという感じ。
いつものように足を運んだはな阿蘇美でもばら祭り真っ最中!で、いつもにも増して賑やかだった。
久しぶりだったので、バイキングは二人分ぐらい食べて大満足!
はな阿蘇美のスタッフの方々、いつも美味しいメニューをありがとうございます!

そんなわけで今回も苦楽の...いや、楽しいラピュタ。
ミルクロードでは強風に煽られ怖い思いもしたけれど、帰りは追い風でペダルを回さなくても30km/h超の巡行でどうにかなることもなく無事に帰宅できた。
さあいよいよ国東です。雨が心配だけど、がんばって行こう!

走行距離 約120km

0 件のコメント:

コメントを投稿