サイクリング計画

今後のサイクリング計画です。
あなたも一緒に走りませんか?
詳細はこちらからどうぞ。

2012年5月15日火曜日

熊本市民スポーフェスタ チャレンジサイクリング 2012

私も自転車乗りたーい!遠くへ行きたーい!...と娘たちに言われ続けて早数ヶ月。
暖かくなったらサイクリングに行こうね!と約束していたけれど、なかなか行くきっかけもなく。
...と思っていたらちょうど良さそうなイベントがあったので参加してきました。

チャレンジサイクリングは、熊本城をスタート地点にゆうかファミリーロードを走って、一つは山鹿大橋まで行く約70kmのコース。
もう一つは今回私が参加した田原坂にて折り返す約35kmのファミリーコース。
正直娘たちにとっては35kmなど未知の世界なんだけど、せっかく走るならそのぐらいの距離を満喫するのもいいだろうと思ったし、なにより人と走ること、色んな自転車乗りの人を見て、普段私がどんな事をやっているかを感じて欲しいと思って参加することにした。

朝8:00前。
まだ時間が早いので、人もまばら。

まだ時間があるのでバッタなどを見つけて遊ぶ。

前日の天気予報ではカンカン照りの予報だったけど、朝から曇り空。
天気は大丈夫かね〜などとしばし談笑。

受付の準備をしたり。

そうしているうちに参加者の皆さんが集まってきました。

8:00 受付開始。

名前を告げて参加費を払います。(小学生は無料!)

だいぶ人が集まってきた。


まずは参加者全員集合して開会式。

まずは熊本市の代表の方からご挨拶。


そして注意事項やスケジュールなどの大会説明。

記念撮影を行った後、いよいよスタート準備。

まずは山鹿へ行く組からスタートという事で、西大手門の方へ移動。

熊本城内を抜けるまでは観光客などの人通りも多いので、歩きで移動。
...ということで歩いて西大手門をくぐります。

ちなみに写真正面に見えるのが熊本城の本丸。

5分遅れて、田原坂へ向かうファミリーコース組の番。

みんなで西大手門前へ移動。

さあ、どんな旅が待っているかな。

二の丸広場の方へ進んで行きます。緑が濃くて気持ちがいいね。

広場の手前で一旦停止。さあ、いよいよ自転車に乗って行くよ!

まずは二の丸駐車場と広場の間を走行。

美術館の前を左折。
いよいよ熊本城エリアを抜ける。

藤崎台球場の方へ向かう。
私はロードバイクだったのでダートはかなり緊張...そんな事も知らず幼児車の娘はどんどん進んで行く。待ってくれ〜。

藤崎台球場を通過。

石畳の下り。もちろん娘たちにとっては生まれて初めての体験...というか、誰でもなかなかできない体験だよね。

一気に下って下界へ。

住宅街を抜けて...

一般道へ。

JR鹿児島本線の踏み切りを渡って...

いよいよサイクリングロードへ!

黄色いポールに気をつけてよ〜と後ろから声をかける。

この時はまだ元気。

姉のほうにはギアの変速についてアドバイスをしたり。

姉に必死でついて行く妹。


そういえば最初にここまで来た時、遠く感じたなあ...自宅からだけど。

ここまでがんばって来たけど、ついに一人旅。(母はいるが)

横断待ちの集団にようやく追いつくも...

また離れて...

また追いついて...

ついて行きたくて立ち漕ぎしてみたり。

野焼きにまきこまれたり。


そしてまた一人旅。

追いつけないので気分はすっかり萎えてしまい、弱音が出始めた。
2女「もう帰りたい」
母 「がんばれ!」
2女「まだ着かんと?」
母 「もう少しがんばれ!」
2女「うう..。」

どうにか階段のところまで着いた。

スピードはカメさんペースでどんどん落ちて行くばかり。
よほどブルーなのだろうと気を揉んでいると、突然娘が「私、一番最後かなあ?」と聞いてきたので、「いや、最後じゃないよ。がんばって行こう!」と答えた。
そう、あなたの後ろには母がいる。あなたは一番最後じゃないよ。

ようやく植木の休憩地点に到着。

ここまででスタートから10km超。
普段の(大人だけの)サイクリングならば、10kmなんてあっという間だけど、娘に合わせて走っていたのでもう30kmぐらい走ってきたような気分。

気を取り直して行きますよ〜という事で、いよいよ田原坂方面へ。

これ以上心が折れてはいけないと思い、ここから始まるアップダウンの事は黙っておいた。

2女「きついよお〜」
母 「がんばれ!」

2女「なんで私の自転車だけ重いと?みんな速い。」
母 「気のせいよ〜」

ここに来て(子どもにとっては)いよいよきつい上りになり、フラフラ走行。

そしてついに登山。(山ではないが)

しかし突如自転車にまたがり猛ダッシュ。
負けたくない、という気持ちが原動力になったらしい。

ようやく平地になり前に追いついた。

そしてようやく田原坂に到着〜。

仲良くお昼ご飯を食べて45分ほど休憩。

どうやらここがゴールだと思っていたらしく、今来た道を帰るんだよ、と伝えるとかなりぐったり来た様子だったけど、滑り台に乗ったり虫をつかまえたりして遊ぶ。
大人は木陰で休養。...子どもって元気だなあ。

さあ、走行再開!

このコースは行きは上りが多いけれど、帰りはその分下りが多い。
その事がかなり楽しかったらしく、ジェットコースターみたい!と言って喜んでいた。
よかったよ、連れてきて。

ご飯のせいか下りのせいか俄然元気が出てきたので、アニキの後ろについて行けと指示したところご覧の図。

1女が「帰りは楽ちんだね!一回通った道だと楽に感じるね!自転車楽しい〜!」と言ったので、本当に嬉しかった。
ああ、連れてきてよかったよ。

そしてまた熊本城に戻ってきた。

観光客や観光バスがいっぱい。

どうやら楽しいサイクリングだったようだ。

朝通った西大手門に戻ってきた。

ただいま!

無事に帰ってこれてよかったな。
なにより楽しいと言ってくれてよかったな。
母がなぜ自転車に乗るのか少しはわかってくれたかな。
では、また来年。

8 件のコメント:

  1. 娘さんたちよく頑張りましたね!
    私も娘が小1の時、上の兄ちゃんと3人でゆうかファミリーロードをサイクリングしましたが、保健大学のところで娘がもうダメと言うことで嫁さんに車で迎えに来てもらったことを思い出しました。
    でも帰りにフードパルに寄ってソフトクリームを食べたらえらい元気になってましたが・・・(笑)

    返信削除
    返信
    1. とkさん

      朝は声をかけていただきありがとうございました!
      自転車は楽しい...とはいえ、子どもは楽しみがないと折れるのも早いですよね。
      食べ物、特に甘いもので元気になる気持ちはとてもよくわかります。笑
      自転車に乗る事が、こんなにも大きな経験になるとは思ってもみませんでした。

      削除
  2. 時にはアニキ、時には父、その正体は!2012年5月15日 14:14

    いやぁ~、おつかれさまでした。
    楽しんでいただけたなら何よりです。
    来年と言わず、相良路のナシ狩りにどうぞ。
    町探検みたいなサイクリングですから、楽しいですよ。
    ・・・しかし、一番疲れていたのはアニキこと俺らでした(笑)

    返信削除
    返信
    1. アニキさま

      お疲れさまでした〜!
      いやほんとに、こんなに楽しいとは思っていませんでしたよ。
      子どもを連れて走るのはより多くの気配りが必要ですが、参加した子どもたちの笑顔を見て本当に良かったなと思いました。
      相良路は、参加した方が楽しかった〜と以前おっしゃっていたので、ぜひ参加したいと思っていました。今年はナシ狩りできるかな。笑
      アニキ、まだまだこれからですよ!

      削除
  3. 肩肘張らず何とも微笑ましいblogにやすらぎを感じました。
    もっと自転車道(車道と分けられた区間)を増やせたり整備出来ればいいですよね。

    返信削除
    返信
    1. みきたかさん

      コメントありがとうございます。いつもブログ拝見させていただいています。
      色んな場所を走っていると、道路事情により身の危険を感じる事も多く、
      だからこそ子どもといざサイクリングとなっても、なかなか踏み出せずにいます。
      だけど人生と同じ、平坦な道じゃないほうが実は楽しかったりするのかなと思います。
      とはいえ、もっと自転車道を増やして欲しいのは同感。
      そのためにも、今あるサイクリングロードを活用したいなと思いました。

      削除
  4. 画像がたくさんで、娘も自分の姿を見つけては喜んでいました。その他の記事も画像もセンテンスも素晴らしくて読み応えありますね。またお邪魔します!!

    返信削除
    返信
    1. こんたさん

      お褒めいただき光栄です。
      写真を撮る...のが自転車に乗る一つの楽しみにもなっているので、日々大量に増え続けております。笑
      お互いあれもこれも楽しんでいきましょうね♪

      削除