サイクリング計画

今後のサイクリング計画です。
あなたも一緒に走りませんか?
詳細はこちらからどうぞ。

2012年6月11日月曜日

第10回+Cサイクリングを開催しました!

日曜日。
前日まで雨だったけど、すっかり晴れていい天気。今日は暑くなりそうだね。

いつもより早めに出たのに、やっぱり+Cに着いたのは一番最後。
みんな早いのね。(ごめんねw)

お久しぶりの方、初対面の方を交えて総勢10名で、zaitsu店長のブリーフィング。
そして簡単な自己紹介をして、いつものようにスタート位置にスタンバイ。

お馴染みのメンバー、zaitsu店長、hiroex氏、ryu氏、matsu。氏、さt氏に加え、
ネット上ではもう数年のお付き合いだけど会うのは2度目のひろTさん、そして何かとお会いする回数は多いけれど+Cサイクリングは初参加のもr氏、初参加のIさんとマドン6.9素人氏、そして私。
...って、男ばっかりじゃん!w

まずは市街地を抜けてゆうかファミリーリーロードを目指す。

9名でも横断する時はご覧の通り簡単に分断されてしまう。

信号待ちで、日射しが強くなったなと実感した。もう6月だもんね。

みんなで仲良くゆうかファミリーロードへ。
歩道のように見えるけど、サイクリングロードでもあるんです。

なーんてのんびり写真を撮ったりしていたら、男子の群れは遥か遠くへ...。
まったくもう!

そうやってがんばって走ったりのんびり走ったりしながら、みんなでワイワイと。
そう、これが+Cサイクリングの楽しいところ。


寂心さんの樟へ向かう坂を登って、一旦休憩。
ええ、今回もがんばって登ってへろへろになりましたよ。いつになったら楽に登れるようになるのかな。

ここでもrさんがソーラーパワーで点滅するライトがいい!(・∀・)という事で紹介してくれました。

CATEYEのもので、太陽の光を受けると即光り出す...という優れもの。
光が足りないとパワー不足で暗かったり、点灯ではなく点滅のみ、充電もできない...というお話だったけど、これから世はソーラーエネルギーの時代。
どんどん改良されていく分野だろうなと思って興味深く拝見しました。

そして再び走行再開。
気温はどんどん上昇して行って夏の様相。写真を撮り続けているとわかる、強い光の感じで、ああもう夏が来たんだなと思う。
...すでにヒーヒー言ってたのは、暑さのせいだモン☆


植木で一旦国道に出て、小野泉水方面へ向かう。

小野泉水に到着してみると、なんだか賑やか...。って、なんと7名の方が待っていてくれました。(ryuさん撮影)

ここで合流したのは今回のコンセプトでもある「カエラのお茶会」の提案者、カエラ嬢。
そしてブルベの伝道師horiくん、のぶさん、benboさん、ペプシンさん...そしてなんと、3年前に菊池川ライドや天草サイクルマラソンをご一緒させていただいたsimonさんご夫妻の姿も!
ご夫妻の姿を目にした時は、もしかして...いやまさかお二人がここにいらっしゃるかしら...いやでも間違いない!と思って近づいて。やっぱり当たりで饅頭...もといチロル感激!www
しかも2009年に初めて参加した天草サイクルマラソンで撮った写真を持って来てくださり、その優しさに本当に頭が下がる思いだった。

待っていてくださった皆さんと話に花を咲かせていたら、正面にカエラ嬢の姿が。
思わず笑みがこぼれてしまい、再会を喜び合う。
そうそう、そういえば前に言ってたでっかいバッグはどうしたんだい?と尋ねてみると、そのブツのところに案内してくれた。

思ったより小さかったのよ〜とカエラ嬢は言っていたけど...いえ、十分デカイです!w
彼女曰く、このバッグに色んなものを詰め込んで河原でのんびり過ごすのが夢だとか。
その思いが今回のコンセプト「カエラのお茶会」になったのは言うまでもありません。
カエラさん、夢が叶ってよかったね!


そして目指すは川沿い。


...と、ここでカメラのSDカードが満タンになり撮影できなくなりました(・∀・)
あーあ、なんてこったい。
というわけで、川沿いの模様は人からガメた写真でお楽しみくださいw




そして水辺プラザに到着ー!

2009年に菊池方面をサイクリングした時に立ち寄ったのもこの場所だった。
懐かしいなあと思いながら辺りを見回すと、フリーマーケットのようなものが開催されていたり、親子連れがたくさん居たりでとても賑やか。
こんな場所が近くにあったらいいのになあと、3年前に思った事をまた今回も感じた。

zaitsu店長とのぶさん、そしてもr氏はここでお別れ。

ここからはサイクルシェアライドとして、引き続き次ぎの目的地に向かいます。
目指すはカエラのお茶会会場。
「みんな、私に着いてらっしゃい!」とカエラ嬢が言ったので思わず笑ってしまった。
姉さん、頼もしいですw


ご覧の通り影もいっそう濃くなって、気温はぐんぐん上昇中。
走り出せば風が吹いて涼しいけど、日射しがきつい。ああもう夏が来るんだな。

そして、いよいよカエラのお茶会会場に到着ー!

暑かった事もあり、ここでしばらく休憩しながら話に花を咲かせる。
ランス・アームストロングのライバルが乗っていたモデルを見ながら熱く語り合う人たち。

その後ろでもまた話に花が。

そしてこっちでも。

あっちでも。

そしてなにやら河原では...


頭に花を咲かせる人もw

そんな感じで河原でひとしきり遊んだりして、お腹いっぱい。
...そういえばもうお昼じゃない?ご飯食べに行こうよ〜!って事で、また次の場所へ向かう。

きつい坂を登って、到着したのはここ。
鞠智城。

人から色々話を聞いてはいたものの、ここに来るのは生まれて初めて。
なるほどね〜と思いながらしばらく辺りを眺めていたけれど...暑い!w

暑いので、日陰に避難してしばらくテラスで休憩して、予定していたお食事処に入ってようやく昼食。
ここでペプシンさんとお別れ。移動する時間を記録するためにボイスレコーダーに時刻を告げる姿がカッコよかった。

足りるの?と心配されたけど、無性に食べたくなってオーダーしただご汁。

目の前のTVでは、天草トライアスロンが開催されたというニュースが流れて、ああそういえば昨年の天トラって雨だったよね〜なんて話しながらご飯。
ここでお食事を終えられたsimonご夫妻が帰られるとの事で、お別れ。(ありがとうございました!)
それから何だかんだで1時間ほど休憩して、そろそろ行くかい?と外に移動したけれど、また話に花が咲いている模様。

さあみんな、行くよ!とお尻を叩いて、また次の場所へ。

とここで、何やらカエラ嬢のロードバイクの調子が悪いとかで、horiくんが具合いを見てあげていた。
horiくん含め、+Cサイクリングに参加する男性は本当にみんな優しい。

さあ、がんばって次の場所へ行こう!

今日は体調が良くないと言っていたmatsuさんも、ここまでずっとがんばって走っている。

もう本当に暑くて暑くて、一人ならとっくに引き返していただろうけど、みんなと一緒だとがんばれる。
いや、がんばれる...というのはちょっと違う。帰ろうとかちっとも思わないんだ。

そして、ようやく石のかざぐるまに到着ー!

ここからは菊池市内を一望できる。
景色はもうすっかり夏。

何をするわけでもなく、ただ写真を撮ったり木陰に座って話をしたり。






だいぶ時間が経って、もうここから動きたくないよ〜とみんな言ってたけど、がんばって帰らなきゃね。

ここで、さt氏とIさんとお別れ。
帰り着くまでが遠足です。



そしてカエラ嬢ともお別れ。

そしてこの先でbenboさんとお別れ。

いつも思う。 帰り道も楽しいね!


やっぱりだご汁だけじゃ足りなかったようで、お腹がぐーぐー鳴って全然力が出なかった。
お願いですからコンビニに寄ってください。...と空腹を訴え、疲れた時のパワーの源、オレンジジュースとパン2個にかぶりついた。


そしてようやくゆうかに帰って来た。

ここで先日horiくんが発見したという水場へ案内してもらった。

この水場は個人の方が管理をされているとの事で、きちんと整備されていて大切にされている様子が伺えた。
暑さで身体も熱くなり喉も乾いていた旅人たちにとっては、命の水に感じられる。
その命の水で身体を潤す旅人のごく一部。


そしてhoriくんともお別れ。

そして 一路熊本市内へ。

市街地に入ってmatsu氏、ryu氏、ひろTさんとお別れしてから、トイレタイムで立ち寄ったコンビニで偶然ちょびさんと遭遇し、また話に花が。
いつも思う。どうしてサイクリングに行くとこんなにたくさんの楽しい事が用意されているんだろう?
結局30分以上話をして、ようやく帰宅したのは18時をとっくに過ぎてからだった。

一年以上前に、老若男女経験を問わず楽しめるサイクリングを作りたいと思いついて、
それにzaitsu店長も同意してくれて、ようやくサイクリングが始まって、かれこれ一年。
10回目になって参加人数も最多となり、参加したいと言ってくれる声もたくさん聞かれるようになった。
サイクリングを通して、人と出会い、つかず離れず一緒に居たり、久しぶりに再会したり...
ただ自転車に乗るという事だけでなく、人と交流する楽しさも知る事ができた。
人生いろんな事があるけれど、こうやって夢中になれるものに巡り会えた事に感謝したい。

走行距離 96.27km

2 件のコメント:

  1. こんにちは。
    公園でまったり過ごすのもいいですね、お弁当やおにぎりなんかを持って行って食べるの楽しいですよ。
    次回もよろしくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. zaitsuさま

      遠く速くがしがし行くのもいいけれど、自転車でピクニック気分で河原へ行ってのんびりするのも一つの楽しみ方だと思います。そして私もそういうの大好き。
      やりたいことの夢が広がるばかりです。

      削除