サイクリング計画

今後のサイクリング計画です。
あなたも一緒に走りませんか?
詳細はこちらからどうぞ。

2012年7月16日月曜日

一夜あけて真夏日だった

昨日までの荒れ模様の天気が嘘のように、朝から晴れ渡る青空となった日曜日。
もともと乙女の会をやる予定にしていた日だったけれど、わたくし事で延期になってしまって、それでも午前中なんとか走りに行けそうって事で自転車で出かける事にした。


先日あと数十cmで氾濫するところまで水かさが増していた熊本駅付近の白川の土手には、流木が散乱していて、この風景とはすっかり違った様相だった事が伺える。

危険だ...と言ってるだけではどこにも行けないので、金峰山方面に行く事にした。

以前熊本の地を走りたいと足を運んでくれたTなか氏が地元で作成されたジャージを着る機会がなかなかなかったので、この日はTEAM TAMAGAWAのウエアで走る事にした。
黒ベースにオレンジのアクセントで、シャープな感じがとても新鮮。

すでに気温が高くすっかり真夏の状況の中、島崎方面へ向かう。

午前中のケツカッチンだったし、これから2週間サイクリングに行けそうにないので、ちょっとがんばる鎌研坂経由で峠の茶屋を目指す事にした。

写真奥に見えるのは島崎トンネル。未だ通った事がない。

いよいよ鎌研坂方面へ。
途中水遺産になっている湧き水があったので、ここがみんなが紹介していた水場だったのか...と、しばし足を止めて眺める。

山に近づくにつれてだんだん川の音が大きくなってくる。
以前走った時はあまり感じなかったけれど、先日降った雨の水が川に流れ出し通常より流れが激しいという事がよくわかった。

この鎌研坂は、傾斜はきついけれど距離もそんなに長くなく、なにより木陰になっているので涼しい。
いや、夏だから暑いのは当然なんだけど、幹線道路を走るよりは日陰を走るほうが体力的にも楽なのだ。
そういえば前に+Cサイクリングの時にみんなで走ったなあ。

なんて事を考えながらどうにか本妙寺から上がってくる道との合流地点に到着。
涼しいとはいえ、体中から熱を発していてすぐにでも水をかぶりたいほど暑かった。

もうそのまま隅っこでのび太くんになっていたかったけれど、hiroex氏がとりあえず峠の茶屋まで行こうぜ〜というので、ほどなく出発。

と、向こうから見慣れたジャージを着た二人組を発見。
すぐにジャイアンとMか子さんだとわかったので声をかけてみると、たった今店長と峠の茶屋で別れたところで、これから下山するという事だった。
先日俵山行きて熱中症になったMか子さんは、しっかり岩塩を持参してきたよ!とニコニコしていて、その横にはしっかりジャイアンの姿が。
私もそうだったけど、経験する事でまた一つ成長したんだなあととても嬉しくなった。

とりあえず峠の茶屋に到着〜。
誰かいるかと思ったけれど、地元の人以外の姿はない。
クールダウンと糖分補給のため、今日もオレンジジュースを一気に飲み干した。
こういう時は果汁100%より糖分がたっぷり入ったなっちゃんみたいなジュースが身体に染みる。普段はジュースなんて飲まないけれど、ほんと体って素直だよね。

ふと見ると、峠の茶屋で有名な片足わんことは違うわんこがうろうろしていた。
自宅でわんこと暮らしている事もありやっぱり猫より犬が好き!の私。
少し近づいて様子を見てみたら、ちゃんと見つめ返してくれました。


ここからごく近いところに住んでいるけど、峠の茶屋に来たのは久しぶり。
のんびり眺めてみたけど、綺麗になったねえ。


そうしている間にも、RUNのチームの人たちが到着してまた出て行ったり、自転車の人も数台見られた。
そんな中お一人の方が休憩されていたのでしばし談笑。
近々開催されるイベントのために少し走っておきたいと、植木から金峰山まで来られたとの事でネイビーのTREKがカッコよかった。
Eさん、またお会いしましょう!

大将陣まで行くか、おそらくナルシストの椅子に行った店長をおっかけるか...なんて話をしていたけど、もう暑いし鎌研坂をがんばったし、ここがゴールでもいいんじゃない?って事になり、登ってくるであろう店長をここで待つ事にした。

ほどなくして店長到着。

店長が着ているのはbiciclistaの新しいデザインLOBOS THE UGLY JERSEY MAN。
まだお店には入荷してないみたいだけど、本国のサイトを見ると「良い」「悪い」「極悪」の3パターンあるらしい。
ちなみに店長が着ているのは極悪w


デザイン元は全く違うのに黒とオレンジが三人被ってて、なんだかとても面白かった。

ふと見上げると青空で、これからの事や色んな気に病まれる事を想った。


いつも見て感じている事が、いつまでも当たり前にそこにあるとは限らない。
自分にできる事って何だろう。


長い休憩を終え、三人で下山。
この日訪れた金峰山はいたるところから山水が道路に流れ出していて、落ち葉や石が側溝のところにたくさん落ちていた。

本妙寺横の下界に降りて来た時には、その気温の違いに驚かされて燃えてしまいそうだったけど、なんとか堪えて街中へ帰る。
土曜日には大雨でその一部が欠壊した井芹川は、まだ普段より水位が高いように見えた。


オレンジ具合いが良く似ているTEAMナントカの皆さん。



そしてようやく+Cに到着〜。

クールダウンしようぜ〜とhiroex氏がかき氷とアイスコーヒーを買ってくれた。
子どもの頃は近所の50円かき氷をせっせと食べていたけれど、大人になってからはめっきり食べる機会もなく、コンビニかき氷のグレードの高さにびっくり。

練乳氷にストロベリーソースがかかってて美味しかった。

なんだか全然距離は走れなかったけど、行った先々で人と再会したり知り合えたり、こうしてのんびり涼しい場所でかき氷を食べたり...。
暑い夏の日も、なんだか楽しいじゃない?


走行距離 24.87km

0 件のコメント:

コメントを投稿