サイクリング計画

今後のサイクリング計画です。
あなたも一緒に走りませんか?
詳細はこちらからどうぞ。

2012年1月30日月曜日

輪行ですよ〜

風邪で体調不安定なまま一週間を過ごして、あーもうこれは週末自転車乗れないかもね、なんて思っていたけれど、気分をリフレッシュさせるためにも少しぐらいは乗りたいなあと思って思いついたのが輪行だった。
別に長く走らなくても大空の元素晴らしい景色を見て、その時の心地よさを感じていればいいじゃん、ってね。
よし決めた!と思って真っ先に思いついたのが、芦北の海沿いの道だった。

当日朝。
さてそろそろ出ようかな、と思ったら一緒に行く人から寝坊しました(・∀・)との連絡が...。
走りは緩めの予定だけど輪行は乗り過ごしたら行けないんだよ!ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!...なんて事は言いません。
とりあえず熊本駅に着いて、いつもの場所で定点撮影。

待ち人が来たので早々とホイールを外して自転車を輪行袋へ収納完了!
あー間に合って良かったよ。

今回乗るのは先日人吉からの輪行でもお世話になった九州横断特急。赤の車体がカッコいいね!
...と思ったら、九州横断特急ではありませんでした。
正確に言うと、九州横断特急の列車を使っているものの、私が乗ったのは特急 くまがわで、運行区間は九州横断特急の一部...だから別。わかりにくいなあwww
特急でワンマン運転しているのは全国でもこれだけだそうだ。

JR鹿児島本線の「特急くま川」に乗り込み、とりあえず一番後ろの席の所の空きスペースを確保した。
輪行旅が快適になるかどうかは、この空きスペースを確保できるかどうかにかかっていると言ってもいいかもしれない。

特急だと早い早い。あっという間に八代ですよ〜!
八代と言えば日本製紙八代工場の煙突だけど、列車から見るとこんな感じ。

で、間近で見るとこんな感じ。

もう工場好きにはたまりませんな!w
テンション上がりまくりで萌え〜wと写真を撮りまくり。ううう、楽しいよう!

約30分ほどの列車旅を一旦終えて、八代駅に到着。
駅に着いたら鉄子がする事はただ一つ!撮り鉄ですよ〜!

八代駅で肥薩おれんじ鉄道 出水行に乗り換えるため、しばらく待機。

ホームに立っていたら、登山客らしき年配の方達に声をかけられた。
今からどこに行くとね?自転車は軽いとだろ?今日は天気が良くてよかったねえ!などなど...。
ああきっとこの人達も私と同じように、いつもと違う場所へ行き登山を楽しむために列車を待っているんだなあと思うと、本当に嬉しかった。
目的は違えど、楽しみ方はなんとなく似ている。ホームで交わした会話から、そんな事を感じたり...輪行って楽しいなあ。

駅のホームにはレンタサイクルがあった。

なーんて思ってたら鉄キタ――(゚∀゚)――!!

ようやく肥薩オレンジ鉄道に乗り込み、もう一度輪行袋の場所を確保。

さきほどの列車とはまた違った雰囲気で、まさに生活の足となっているようなローカル線。
列車の窓からは青い海と青空が見えて...と思っていたら走りやすそうな道を発見しましたぞ!(要調査!)

約30分ほどの旅を楽しんで無人駅の海浦駅に到着!

まずは自転車の組み立てから。

フレームを袋から出す。

前輪を装着して準備OK!

と思ったらまた鉄キタ――(゚∀゚)――!!

ひと通り輪行と撮り鉄を楽しんだので、いよいよ出発。
とりあえず行けるところまで行こうかね!

ここからの道県道56号線は、道幅も広く、かつ綺麗で、車も少ない。
そしてなにより坂道がしつこくない!多少登りはあるものの、すぐに峠が見えてかつ下りがとても長く感じられて、本当に走っていて気持ちが良かった。
そしてあっという間に芦北大橋に到着!カッコいいねえ!

橋の上から見た景色。海が光っている。

ちょっとこの辺で暑くなってきたのでウインドブレーカーを脱いだ。

海を見ながら、しかもこんなに良い道を走れるなんて最高!
私の住む町にもこんな道があったらいいのになあ。

登って下って、あっという間に海の上の小学校が見える場所に着いた。

海の上に浮かぶ「赤崎小」は、先日NHK「にっぽん縦断 ここr旅」で火野正平が訪れた場所として記憶している人もいるだろう。

NHK にっぽん縦断 こころ旅 74日目 海の上に浮かぶ赤崎小学校


2010年3月に廃校になったというその小学校は、急な坂を下った所に建っていた。
目の前にある海からは波の音がして、遠くから眺めてもまるで明日には子ども達が登校して来そうなぐらい、普通の姿でそこに建っていた。
記念碑のある所まで降りてみると、真下には海が広がっていて目の前には本当に素晴らしい景色が広がっていた。
記念碑の所に廃校時に在校生だった子ども達の手形も一緒にそこにあったけれど、色々と考えさせられて胸が詰まって涙が出そうになった。



赤崎小を後にしてしばらく行くと不思議なモニュメントを発見したので記念撮影。

ようやく水俣市に到着。

結局ここでお昼になり、ご飯食べようぜ〜という事で一旦サイクリングは終了。
近場で軽く済ませて、復路の輪行乗車駅はこちら。

新幹線の停車駅となり、外観も立派だねえ。

そしてここにもレンタサイクルが。

乗るのは新幹線...ではなくまたもや肥薩オレンジ鉄道。

では輪行袋への収納開始〜!

まずはいつも持ち歩いているサコッシュに小物を入れる。

私が持ち歩いているのは+Cさんのショッピングバッグ。

まずは前輪から取り外し。

外したところ。

ホイール収納用に持って来ていたオーストリッチ 超速FIVEのホイールバッグ。
サイクリング中はウエアの背中ポッケに入ってます。

広げるとこんな感じ。

ホイールが無事納まった。

いよいよホイール収納開始。今回使うのはTAIOGA コクーン。

ハンドルをどちらかに曲げた状態で袋に入れる。

まずは後輪の方からファスナーを閉める。

閉めた状態。

頭の方も閉めて、はい、できました!

ちなみにコクーンは、このようにサドルが袋から出るのが普通。

ちなみに私は、ヘルメットをサコッシュにぶら下げています。

...というわけで、無事準備完了!
再び列車に乗り込んで、乗り換えをiPhoneで検索。便利だねえ。

佐敷駅に降り立ち、次の列車を待っていたら...
鉄キタ――(゚∀゚)――!!


こちらの駅員の女性の方とも色々なお話をさせていただいた。
そうやって行った先々での人との交流、ましては輪行となると自然に心が温まる。
だから輪行は楽しいんだよね。

また鉄キタ――(゚∀゚)――!!

それから列車に揺られ約1時間。
窓からは、世界の車窓から...のような田舎の景色が広がって、ずっとぼーっと眺めていた。
そうしてようやく熊本駅に到着!
とりあえず撮り鉄ですよ〜w


なんとか元の場所まで戻ってきた。


走行距離はとても短かったけど、走りたいと思う道を走る事ができた。
もちろん自走で行ってね、長い時間かけてそこまで行って目的を達成するのも楽しいけどね、こうゆうやり方も悪くない。
これまで長いこと前輪すら外す機会もない私が、輪行なんてとんでもないと思っていた。
慣れてないから作業に手間取って、結局時間取られて焦って列車に乗れない...ぐらいなら、輪行なんてしなくていいもんね、と。
だけど例えば私のように、サイズが合えば前輪だけ外して収納する輪行袋もあるし、それを使えば全く難しい事などない。
それより輪行袋に自転車を収納する作業をしている時のワクワク感。
そして列車に揺られながら、行った先の事を思うドキドキ感。
駅で、ホームで、改札で...人に何かを尋ねたり、尋ねられたりという人との交流。
運ばれて行った先には、これまで自分が知らなかった未知の世界が広がっていてね。
もうそれだけで、例え距離が短くても、心から満足できる旅ができるんだよね。
それを輪行は教えてくれた。


また楽しい輪行旅ができますように!