サイクリング計画

今後のサイクリング計画です。
あなたも一緒に走りませんか?
詳細はこちらからどうぞ。

2012年5月23日水曜日

俺たちフランダース! ラピュタ編 〜biciclista

biciclistaの公式サイトのトップページに掲載されているこの写真。


彼らが着ているのは+Cでも人気No.1のTOUR FLANDERSで、熊本だけでなく九州のイベントでも他県の方が着ているのをみかけるようになった。
フランダース...にちなんで「パトラッシュ」などと仲間内で呼んだりしてたんだけど、
はい、これは犬ではなく狼ですw

ところでいったいフランダースは何匹いるんだろうね?という話になり、フランダースだけを集めて撮影会やったら面白いんじゃない?公式HPのトップページみたいな、カッコいい写真撮れたらいいよね!...なーんて勝手に盛り上がってたんだけど、ラピュタイベントをやるってことになって、だったらいっそフランダースの撮影会もやったらいいじゃん!
...という事になり、やってみました撮影会。


号令をかけてもらったところ、全部で8フランダース!
自宅からフランダースを着て来た人、わざわざ現地で着替えた人...どうもありがとうございますw

公式の写真と似せるために数日前から髭を伸ばしていたというワッキー氏。
間に合わなかったので現地でもみあげを書いたhiroex氏。
二人による「公式に似せてみました ラピュタ編」です!


若干違うような気もしますが、まあいいでしょうw

遅れて来たフランダースもいました。

さて、次は何匹集まるかな?
みなさん、どうもありがとうございました!

2012年5月22日火曜日

私のラピュタで会おう 2012

5:30
寝坊したらいけないと家中から集めた目覚まし時計が鳴って無事起床。
天気よりもまずみんなの反応を見ようとSNSを開いたら、4:30の時点でhoriくんがすでに立野にいる事を確認。
あのー集合は12時なんですけどwww
それ以外のみんなからも自宅を出たとの連絡が次々と入ってきて、すでにイベントが始まっていることを実感した。
さあ、どんな一日になるかな。


6:30 自宅を出発。
天気は曇りだけど、でもきっと大丈夫。
もうこうなったら雨でも風でも、絶対ラピュタに行くんだから!


7:00 hiroex氏と合流
絶対遅れたくない!という私の希望で約50kmの距離を3hで行く計画。
後から出発して追ってくるであろう他の仲間たちにいつ遭遇して抜かれるか?
ならば目印があったほうがいいね!と前日ヘルメットにリボンを結びつけた。

麦畑もすっかり黄金色になっていて、道中目を楽しませてくれる。


8:50 R57へ。
向かうは次の合流地点である立野駅。そう、待ち人が待っているのだ。
ラピュタに上る自信がない...と渋っていた彼女から参加したいと連絡があったのは数日前。
だったら私と行こうよ、と一緒に行く約束をしていた。

9:00 立野駅に到着。
約束通り彼女は待っていてくれた。しかも上下揃いの決戦スーツ。
カエラ嬢、まさかやる気じゃあるまいな?w

時間があったら食べたいな、と思っていたニコニコ饅頭をhiroex氏が買って来てくれたので、ラピュタの事を話しながら腹ごしらえ。
その間にも仲間たちが次々と状況を知らせて来て、楽しみだよね〜なんて言いながら呑気に食べる饅頭はうまかった!w


9:10 立野駅を出発。
饅頭食べたしメンツも揃った。さあ、行こうか!

だんだんと山が近づいてくる。

9:20 長陽大橋に到着。
これまで何度となく通ったこの橋。でも今日はすごく楽しい。

後ろから誰か来るよ!と言うので振り返ってみると...

急遽参加できるようになって喜んでいたryu氏の姿だった。

思いがけず四人旅。
待ち合わせた人もそうでない人も一緒になって、同じ場所へ向かう。
集合サイクリングの楽しさって、これだよね!

赤水を過ぎてTEAM GINRINの皆さんに遭遇して、道は一気に賑やかに。

10:30 ラピュタ登山口に到着。
すでに到着していたMか子ご夫婦やサヤカ嬢、天草でご一緒してこの日のために早朝から足を運んでくれたDすけ氏の姿があり、いつも静かな登山口は人でいっぱい。

ビューポイントまで約5km。
何度も何度もも登った道だけど、何回行ってもきついのよ。
だけどね、ここからは想像できない景色が待っているから。
行こう!

10:40 ラピュタの道へ

もうツツジは盛りを過ぎていて...でもまた今年も見れた。

長寿ヶ丘つつじ公園で先行した仲間達が休憩していたので、ここはゴールじゃないんだぞ!と声をかける。
まだまだこれから。素晴らしい景色はこんなものじゃないんだから!

でももうきつくて、きつくて...。
ラピュタの道ってこんなにきつかったっけ?なんでこんなにきついんだろう?
腰は痛いしペダルは重い。先はまだ長いのに、どうすんだ?私?

泣き言を言うと余計きついからいつも言わないけど、抜いて行く人みんなにきついよお...と言ってみる。

抜きつ抜かれつ...


そしてこうやって誰かに出会う。

これってなんかすごく楽しいんですけど!w

そして11:20。

到着〜!

カエラ嬢も無事到着して喜びを分かち合う。

みんなで見たかったこの景色。

そして...

















到着してからはほとんど写真撮れなかったけど、みんながたくさん撮っていてくれて共有してくれました。ありがとう。
これ以外の楽しい写真は、こちらのブログで紹介されています。

ラピュタで会おう特設ブログ 2012

ヒロエグリフ

お前は何ば目指しよっとか◆熊本荒尾玉名大牟田の自転車好きと楽しむ、リーフの自転車回想録

isoraスタッフ kinokoのブログ

matsuのブログ

nar_gaのページ

ryuの独り言2

えすもとの不定期blog

くまもと自転車紀行

綾と自転車の日々

遊びのこころ

+Cサイクリングウエア

australe-celeste



nar_gaさんがみんなに声をかけて撮影してくれた写真。

長崎からはnaoさん他TEAM DRAGONの皆さん、八代からちゃりんこ倶楽部の皆さん、荒玉サイクリストの皆さん...など、大所帯で参加してくださった方たちもいらっしゃいました。
ブログを見て足を運んでくださった福岡のご夫婦にもお会いできて饅頭感激!www
(写真をお送りしますので、連絡ください!)


12:40 最後までみんなを見送り、一路はな阿蘇美へ。
ミルクロードは風が強かったけど、また思いがけず大所帯になって楽しかった。
大観峰に寄って行くという福岡大分鹿児島の皆さんと別れ、熊本組は無事はな阿蘇美に到着。
バイキングをお腹いっぱい食べて、とうとう降ってきた雨に濡れながら18:30帰宅。


参加してくれた方たちが、楽しかったよ!と言ってくれて本当に嬉しい。
ラピュタのビューポイントに向かって走ってきた方たち全員が、色んなものを見て感じそれぞれのドラマがあったことと思います。
その話をぜひ聞きたいな。

ではまた来年も、ラピュタで会おう!

走行距離 約124km

☆Special Thanks☆
hiroex mame キャノンボーラー えすもと zaitsu daigo Rin ワッキー matsu
hori  kinoko ryu sei JAJA カエラ



御礼 〜ラピュタで会おう 2012

2012年5月20日。
「ラピュタで会おう 2012」を無事開催することができました。



「5/20 12:00にラピュタの道のビューポイントに集合しませんか」の呼びかけに、
九州各地から50名を越えるサイクリストの方が集まってくださり、大変賑やかで楽しい時間を過ごすことができました。

このイベントの開催にあたり、たくさんのアイデアや力を貸してくれた私の周りの人たち。
このイベントを知り仲間を誘って足を運んでくださった方、一人ででも参加してくださった方、この日は仕事で行けないけど楽しんでおいで!と声援をくれた方、晴れるといいね!ってメッセージをくれた方、残念ながら到達できなかったけど近くまでは行ったんだよという方…
みなさんの声が、大きな力になりました。本当にありがとうございました。

ビューポイントでは足を運んでくださった方全員とお話したかったのですが、言葉を交わせないままお別れしてしまった方もいらっしゃるかもしれません。
これからもここから発信して行きますので、どうぞ見かけたら声をかけて下さい。
本日PCの調子が悪いので、とりあえず御礼まで。

ありがとうございました!

2012年5月15日火曜日

第10回+Cサイクリングを開催します!

6月も元気に+Cサイクリングを開催しますよ〜。



集合日時:6月3日(日) 8:00+C shop出発
集合場所:+Cショップ(地図
目的地:小野泉水、菊池川沿い河原 (及び山鹿、菊池方面)
距離・時間:目的地まで約19km →往復ではありません 

目的地の小野泉水到着後は、引き続きサイクルシェアライドとして山鹿、菊池方面に行く予定ですので、二次集合場所を9:30 小野泉水とします。(駐車場あり)
時間が前後する可能性がありますので、小野泉水で合流する場合は参加表明時に必ず連絡先をお伝え下さい。
+Cから出発して小野泉水を経由、引き続きサイクルシェアライドに参加した場合の全走行距離は約90km前後を見込んでいます。
帰りは途中下車可としますので、途中合流と合わせて参加表明時にご相談下さい。

現時点のルート案はこちら。


参加資格はヘルメット着用で、きちんと整備された自転車をお持ちの方、予想されるトラブルへの備えができる方であればどなたでもOKです。
またルートは変更する場合もありますのでご了承ください。

参加申し込み及びご不明な点についてのお問い合わせは、+Cサイクリングウエアさんへ直接ご連絡いただくか、当ブログへのコメント、もしくは下記へご連絡下さい。

twitter→ANGEL_BLUE_ME
mail→chirorianmapあっとまーくgmail.com(あっとまーくは@に変更)


今回のコンセプトは「カエラのお茶会」。
菊池川界隈にとても素敵な河原があるとの情報をカエラさんからいただきましたので、
みんなでその散策に行きたいと思います。
「カエラのお茶会」はあくまでコンセプトであり、カエラさんがお茶を振る舞うわけではありませんのであしからずw
たくさんの方のご参加をお待ちしています!

熊本市民スポーフェスタ チャレンジサイクリング 2012

私も自転車乗りたーい!遠くへ行きたーい!...と娘たちに言われ続けて早数ヶ月。
暖かくなったらサイクリングに行こうね!と約束していたけれど、なかなか行くきっかけもなく。
...と思っていたらちょうど良さそうなイベントがあったので参加してきました。

チャレンジサイクリングは、熊本城をスタート地点にゆうかファミリーロードを走って、一つは山鹿大橋まで行く約70kmのコース。
もう一つは今回私が参加した田原坂にて折り返す約35kmのファミリーコース。
正直娘たちにとっては35kmなど未知の世界なんだけど、せっかく走るならそのぐらいの距離を満喫するのもいいだろうと思ったし、なにより人と走ること、色んな自転車乗りの人を見て、普段私がどんな事をやっているかを感じて欲しいと思って参加することにした。

朝8:00前。
まだ時間が早いので、人もまばら。

まだ時間があるのでバッタなどを見つけて遊ぶ。

前日の天気予報ではカンカン照りの予報だったけど、朝から曇り空。
天気は大丈夫かね〜などとしばし談笑。

受付の準備をしたり。

そうしているうちに参加者の皆さんが集まってきました。

8:00 受付開始。

名前を告げて参加費を払います。(小学生は無料!)

だいぶ人が集まってきた。


まずは参加者全員集合して開会式。

まずは熊本市の代表の方からご挨拶。


そして注意事項やスケジュールなどの大会説明。

記念撮影を行った後、いよいよスタート準備。

まずは山鹿へ行く組からスタートという事で、西大手門の方へ移動。

熊本城内を抜けるまでは観光客などの人通りも多いので、歩きで移動。
...ということで歩いて西大手門をくぐります。

ちなみに写真正面に見えるのが熊本城の本丸。

5分遅れて、田原坂へ向かうファミリーコース組の番。

みんなで西大手門前へ移動。

さあ、どんな旅が待っているかな。

二の丸広場の方へ進んで行きます。緑が濃くて気持ちがいいね。

広場の手前で一旦停止。さあ、いよいよ自転車に乗って行くよ!

まずは二の丸駐車場と広場の間を走行。

美術館の前を左折。
いよいよ熊本城エリアを抜ける。

藤崎台球場の方へ向かう。
私はロードバイクだったのでダートはかなり緊張...そんな事も知らず幼児車の娘はどんどん進んで行く。待ってくれ〜。

藤崎台球場を通過。

石畳の下り。もちろん娘たちにとっては生まれて初めての体験...というか、誰でもなかなかできない体験だよね。

一気に下って下界へ。

住宅街を抜けて...

一般道へ。

JR鹿児島本線の踏み切りを渡って...

いよいよサイクリングロードへ!

黄色いポールに気をつけてよ〜と後ろから声をかける。

この時はまだ元気。

姉のほうにはギアの変速についてアドバイスをしたり。

姉に必死でついて行く妹。


そういえば最初にここまで来た時、遠く感じたなあ...自宅からだけど。

ここまでがんばって来たけど、ついに一人旅。(母はいるが)

横断待ちの集団にようやく追いつくも...

また離れて...

また追いついて...

ついて行きたくて立ち漕ぎしてみたり。

野焼きにまきこまれたり。


そしてまた一人旅。

追いつけないので気分はすっかり萎えてしまい、弱音が出始めた。
2女「もう帰りたい」
母 「がんばれ!」
2女「まだ着かんと?」
母 「もう少しがんばれ!」
2女「うう..。」

どうにか階段のところまで着いた。

スピードはカメさんペースでどんどん落ちて行くばかり。
よほどブルーなのだろうと気を揉んでいると、突然娘が「私、一番最後かなあ?」と聞いてきたので、「いや、最後じゃないよ。がんばって行こう!」と答えた。
そう、あなたの後ろには母がいる。あなたは一番最後じゃないよ。

ようやく植木の休憩地点に到着。

ここまででスタートから10km超。
普段の(大人だけの)サイクリングならば、10kmなんてあっという間だけど、娘に合わせて走っていたのでもう30kmぐらい走ってきたような気分。

気を取り直して行きますよ〜という事で、いよいよ田原坂方面へ。

これ以上心が折れてはいけないと思い、ここから始まるアップダウンの事は黙っておいた。

2女「きついよお〜」
母 「がんばれ!」

2女「なんで私の自転車だけ重いと?みんな速い。」
母 「気のせいよ〜」

ここに来て(子どもにとっては)いよいよきつい上りになり、フラフラ走行。

そしてついに登山。(山ではないが)

しかし突如自転車にまたがり猛ダッシュ。
負けたくない、という気持ちが原動力になったらしい。

ようやく平地になり前に追いついた。

そしてようやく田原坂に到着〜。

仲良くお昼ご飯を食べて45分ほど休憩。

どうやらここがゴールだと思っていたらしく、今来た道を帰るんだよ、と伝えるとかなりぐったり来た様子だったけど、滑り台に乗ったり虫をつかまえたりして遊ぶ。
大人は木陰で休養。...子どもって元気だなあ。

さあ、走行再開!

このコースは行きは上りが多いけれど、帰りはその分下りが多い。
その事がかなり楽しかったらしく、ジェットコースターみたい!と言って喜んでいた。
よかったよ、連れてきて。

ご飯のせいか下りのせいか俄然元気が出てきたので、アニキの後ろについて行けと指示したところご覧の図。

1女が「帰りは楽ちんだね!一回通った道だと楽に感じるね!自転車楽しい〜!」と言ったので、本当に嬉しかった。
ああ、連れてきてよかったよ。

そしてまた熊本城に戻ってきた。

観光客や観光バスがいっぱい。

どうやら楽しいサイクリングだったようだ。

朝通った西大手門に戻ってきた。

ただいま!

無事に帰ってこれてよかったな。
なにより楽しいと言ってくれてよかったな。
母がなぜ自転車に乗るのか少しはわかってくれたかな。
では、また来年。