サイクリング計画

今後のサイクリング計画です。
あなたも一緒に走りませんか?
詳細はこちらからどうぞ。

2012年9月18日火曜日

自転車イラストポストカード 〜イラストレーター 内田新哉さん


友人からポストカードをいただいた。
文房具店で自転車イラストのポストカードをたまたま見かけて、ポストカード好きな私のために買ってきてくれたそうだ。とても嬉しい。ありがとう。

この優しいイラストのポストカード。裏面を見ると「SHINYA UCHIDA」の名前がある。
調べてみたら、この絵を描かれた内田新哉さんという方は熊本出身の方だった。

イラストレーター 内田新哉 公式HP

このポストカードの絵をよく見ると、麦わら帽子が描かれている。
HPで拝見したばかりではあるけれど、内田新哉さんの絵の多くには麦わら帽子が登場し、自転車もたくさん登場している。
その優しいタッチのイラストと、麦わら帽子と自転車。すごくいいなあと思う。
現在は東京を拠点として、海外へも取材に行ったりと幅広く活動されている内田新哉さん。
時間が許すならば、ぜひ個展に足を運びたいし、ご本人にいつかお会いできたらいいな。
そんな事を思いながら、いつも目の届くところに写真のポストカード「ラベンダー」を飾った。


2012年9月17日月曜日

自転車雑誌を手放すとき

自転車雑誌を読みあさっていた2008年〜2009年。
Bicycle CLUB、CYCLE SPORTS、BICYVLE NAVI、自転車人...などなど。多い時にはひと月に4〜5冊購入していた。
MTB、そして念願のロードバイクを購入してすべてが新鮮だったけど、右も左もわからなかった頃。
少しでも情報を得ようと手当たり次第自転車雑誌を購入して、ヒルクライムやポジションなどの記事を読んでは、自分もいつかこんな風になれるのかな...と思っていた。
掲載されているサイクルウェアやサイクルアイテムを見て、なんとなく自分が好むものとは違うと感じながらも、こういうものを身につければかっこ良くなれるのかな...と思っていた。

自転車雑誌から得たものはたくさんある。
色んな雑誌を読んだからこそ、共通した業界の情報もわかったし、それぞれの雑誌の特色もよくわかった。
逆に参考にならないと思うこともあったけど、だからこそ自分なりの楽しみ方を確率できたのかなと今は思う。

いつしか雑誌も買わなくなり、今現在は購入ゼロ。
何かの時のバイブルに...と思って自宅の本棚に眠らせておいたけど、この2年ほど眠ったたままだし今後起こす予定もなさそうなのでそろそろ手放すことにした。
自転車業界を盛り上げる媒体として、出版社にはこれからも盛り上げていって欲しいと思うので、興味のある情報があればこれからも時折購入したいと思う。


さらば!私の教科書たち!

2012年9月15日土曜日

Timbuk2 クラッシックメッセンジャーバッグ

通勤用のメッセンジャーバッグを新たに購入した。
これまで使っていたのはユニクロ メッセンジャーバッグで、レビューはこちら
そのユニクロメッセンジャーバッグがだいぶくたびれてきたので、そろそろ新しいバッグが欲しいよなーと思っていたところ、立て続けに友人達がTimbuk2を購入したので、気になってサイトをチェックしたらなかなかよさそう。

Timbuk2 日本公式HP

MacBook Airを持ち歩く事があるのでD-Luxメッセンッジャーにしようかと思ったけれど、いかんせん選べる色が少ない。
まあその辺はPCスリーブを使えばいいでしょう、って事でクラッシックメッセンジャーバッグに決めた。

そしてさっそく届きましたTimbuk2!

PCのみならず、仕事帰りにスーパーに寄って購入した野菜でも何でも入れたい!ので、サイズはM。
身長160cmの私にはかなり大きいけれど、入れるものに合ったサイズが絶対いいし、背負ってしまえば気になりません。

PC収納ポケットや専用取り出し口がついているD-Luxとは違い、シンプルな大小のポケットがついているだけだけど、その分物がたくさん入る感じ。
全面には3連ファスナー付きポケット+その背面にもファスナー付きポケット。

ポケットの下には、リフレクターのロゴ。

中にもポケット有り。
左端はフタ付き。真ん中は筆記用具用。右端は中が柔らかい生地になっている。

フタを開けたところ。底にもしっかり幅があってちゃんと一人で立ちます。


クラッシックメッセンジャーには体の全面で固定するクロスストラップは付属されていない。
なくても気にならないだろう...と思っていたけど、バッグのサイズが大きいのでやっぱり固定したほうが良さそう。ってことで近日購入予定。

ユニクロメッセンジャーを長く愛用してきて、Timbuk2を使った感想は、フタ部分にポケットがないので、ちょっと財布を出そうと思ってもいちいちフタを開け閉めしなければならないのが面倒。
背負った状態で言えば、Timbuk2はストラップパッドが付いているので肩に負担がかかりにくい。
生地も、ユニクロはコーデュラという撥水の生地でそれはそれでよかったんだけど、Timbuk2のほうが丈夫な感じ。

今回購入するにあたり一番迷ったのは色でした。あまり派手なのも好みじゃないし、人と被っても嫌だし...。
で、結局チャコール&パープルにしたけれど、なんと本国のTimbuk2のサイトでは自分の好みの色を組み合わせてオーダできるらしいじゃないですか!
そんなの全く知りませんでした...w
なかなか良いので、次はSサイズかカタパルトが欲しいなと思っているところ。
それよりなにより、自転車通勤がますます楽しくなりそうです。

相良路へ

9/23(日)に開催される「相良路サイクルフェスタ」。
その相良路へサイクリングに行ってきました。

熊本県人吉球磨地方では、春と秋のお彼岸の頃に全ての観音堂が一斉に開帳される。
それに合わせて開催される「相良路サイクルフェスタ」は界隈でとても評判が良く、機会があればぜひ参加したほうがいいよ!と以前から勧めらていた大会。
そうして話は聞いていたもののなかなか足を運ぶ機会もなかったけれど、今回初めてその地を訪れることになった。

相良三十三観音巡りの紹介

観音堂は町のいたるところに建っていて、ひっそりと山の中にあるものもあれば、ごく賑やかな町の中に所狭しと建っているものもある。

途中の球磨川サイクリングロードは、どこまでも続く道と広い空の景色がとても素晴らしかった。


涼しくなったとはいえ、まだまだ暑い。
...と思っていたら、彼岸花を発見!
ちゃんと秋は近づいてきています。



こちらの観音堂では、地元の方たちが賑やかに作業を進められていた。

サイクリング大会だけでなく、ウォーキング大会も開催されるらしくポスターが貼り出されていた。


途中、菅原神社にも立ち寄ってみた。
茅葺き屋根の建物と、周りの大木がなんとも荘厳な感じでとても良かった。


熊本市内では見ない光景だけど、こうして釣りを楽しむ人の姿多く見られた。


こうして立派に奉られている観音様もある。




人吉駅付近の線路沿いにはレンガ造りの重厚な駅舎らしきものが。
戦前に建てられたものだろうか?



相良路は基本的に平地だけど、途中ちょっとした上り坂もある。
その上り坂を上がったところにある観音堂も、趣があってとても良かった。


熊本市内からはいくつものトンネルを抜けて行かなければたどり着けない人吉。
でもその地には、のどかな田舎の風景と趣のある町並みや観音様など、古き良き時代を感じさせてくれるものがたくさんあった。
これからの季節は心地よい風も加わって、癒しの自転車旅を堪能する事ができるのではないかと思う。
車で現地まで行くのもいいけれど、輪行旅なども楽しいだろう。

さて、本番は9/23です。
いい天気になりますように!

2012年9月5日水曜日

【告知】乙女の会 2012 秋

先月「2012 夏」を開催したばかりですが、さっそく「秋」の告知です!

日時:2012年9月30日(日)
集合場所:水辺プラザ
行き先:番所の棚田など
参加条件:女性であること。ヘルメット着用のこと。想定されるトラブルへの備えと、自己対処ができること。

参加したい!とう方は、下記までご連絡くださいませ。
chirorianmap*gmail.com (*を@に変更してね)

番所の棚田...といえば彼岸花。
かくいう私は一年前にその場所を知ったものの足を運ぶ機会がなく、行ってみたいとずっと思っていたのですが、ようやく願いが叶いそう。
彼岸花が見れるかどうか微妙な感じだけど...いや、絶対見れるよね!
現在の参加者は6名。賑やかになりそうです♪